Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2014年6月30日 楽しきかな、それぞれの個性
b0175964_12371675.jpg

一輪車いわく・・・「いいなあ、二輪車って・・・安定感抜群、手を放しても倒れないよねえ♪」
二輪車いわく・・・「いや、小回りが効かなくて辛い時もあるよぉ、その点一輪車は機動性があっていいよねえ。^^」

な~んて会話が聞こえてきたのは、山村の工務店の空き地なんであります。
一輪車と二輪車が置いてありましたが、それぞれ用途が違うんでしょうね。
別名「猫車」とか「ネコ」と呼ばれるように、一輪車は狭いところに頭を突っ込んで土やコンクリを運ぶのに便利そうです。
この二輪車はまるで違う用途に使われるもののようです・・・・荷台の形状から判断すると、材木を運搬するためのものなんでしょうか。

ま、それぞれの用途に合わせて作られているわけですから、向き不向きがあるのは当然なんであります。
個性があると言うことは素晴らしいことではあっても、問題があることじゃありません。
逆に言えば、みんな一緒だったらぜ~んぜん面白くないんであります♪
「あいつはおれと意見が違う・・・怪しからぬ、差別してやろう・・・」なんてのは、下の下の発想なんであります。^^

愛知県豊田市大沼町にて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor 65mm/F3.5
Kodak T-MAX Professional (EI50)
Kodak T-MAX Developer (1:7 Diluted, 8 1/4 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-06-30 06:00 | Still Life | Comments(8)
2014年6月29日 上下分割用途不明印象絶大的存在
b0175964_16531246.jpg

用途不明印象絶大シリーズの一枚です・・・でも、おそらくは用水施設・灌漑施設じゃないかと思います。
これ、実は以前に上げた「春光と対峙する揚水施設」を反対側から撮影したものです。
光線が違うので、印象もだいぶ変わります・・・それより、下1/3のところで段差が付いて、その上下の濃度が違うのが面妖です。

これは例によって心霊写真・・・^^;
ではないと思うんですよ、不用意にカメラからフィルムを撮りだしたことによる曝光だと思われます。
これ、12コマ目なんですよね・・・で、こういう段差がつくと言うことは、巻取がゆるくて、若干光が入ってしまった、ってことじゃないでしょうか。

え・・・違う・・・そんなことは起きない・・・うう・・・そんなこと言わないでよ。^^;
一応科学的に説明ができるような気がするので、自分では「妖しい写真じゃない」ことにしてあるんですから。^^;;;

愛知県みよし市にて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor DS 105mm/F3.5
Ilford FP4 Plus 125 (EI50)
Ilford Perceptol (Stock, 12.6 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by noblivion | 2014-06-29 06:00 | Lights & Shadows | Comments(10)
2014年6月28日 黙々と誘惑する自販機
b0175964_2332181.jpg

駅を降りたら真夏のような雲・・・雲が言います。
「お、ひさしぶり、げんき?あちいよなあ、6月からこれじゃあ、やっとれんよなあ・・・」
ブーン・・・コンプレッサーが冷気を循環させている音が聞こえます・・・雲の下で黙々と冷たい飲み物をアピールする自販機なんでありました。^^;

真夏のような雲が浮かぶ青い空を見ると、もうそろそろ梅雨明けかなあ、なんて思いたくなる今日この頃です。
でも、ここ数年、7月に入ってからの方がよく降る傾向があるんですよね、東海地方。^^;
ゲリラ豪雨がさんざんっぱら降って、それからようやく梅雨明け・・・まだまだ当分先のようです。

さて新しいシリーズ展開であります・・・先日の「黙々と充電するEV」に引き続き、「黙々と・・・するホニャララ」シリーズなんであります。
これも、いろいろとバリエーションができそうなんであります。
「黙々と醤油を浴びる冷奴」とか「黙々と夏日に耐えるドラム缶」とか「黙々と立ち枯れするヒマワリ」とか・・・あはは。^^;

愛知県豊田市浄水駅にて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor 65mm/F3.5
Kodak T-MAX Professional (EI50)
Kodak T-MAX Developer (1:7 Diluted, 8 1/4 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-06-28 06:00 | Lights & Shadows | Comments(8)
2014年6月27日 オボロナアジサイ
b0175964_14144174.jpg

先日訪れた豊田市松平地区の高月院の紫陽花です。
すでにデジタル写真ブログにはアップしてあるように、カラーで撮ればどってことないふつーの紫陽花も、B&Wで撮ると妖しさが溢れて来ます。
B&Wと言いながら着色しています・・・潔さはないんです・・・でも、これも自分の見たイメージ近づけるための表現手段なんであります。^^;
Lightroomでは、さらに明瞭度も落としてオボロな雰囲気に加工してあります。

愛知県豊田市松平町寒ヶ入44 高月院にて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor DS 105mm/F3.5
Kodak T-MAX Professional (EI50)
Kodak T-MAX Developer (1:7 Diluted, 8.25 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-06-27 06:00 | Flowers & Plants | Comments(8)
2014年6月26日 赤錆を懸想する夏草
b0175964_2048428.jpg

真っ赤に錆びたコンテナに寄りそう濃緑色の猛々しい夏草・・・毎年、暑くなってくるとよく見かける風景なんであります。
夏草って、赤錆のある場所ではことさらによく成長するような気がするんですが、錯覚でしょうか。^^;
鉄分って、獰猛な夏草の成長に欠かせない栄養素なのかな、と勘繰りたくもなってしまうんであります。
くどい色の被写体ですが、RDPIIIなのでさほど暑苦しくないです・・・でも、RVP系で撮ったら、めっちゃ暑苦しい色になりかねないかも。

愛知県みよし市にて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor DS 105mm/F3.5
Fujichrome Provia 100F RDPIII
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.4
[PR]
by noblivion | 2014-06-26 06:00 | Rusty Scene | Comments(8)
2014年6月25日 黙々と充電するEV
b0175964_22561256.jpg

充電中のCOMSちゃんです。
COMSとは、豊田市が実験中の環境に優しいシェアリング交通システムHa:mo(ハーモ)で使われるEV(電気自動車)ですね。
先日、豊田市駅前に置かれた電動アシスト自転車のYAMAHAのPASをご紹介しましたが、こちらは自動車なんであります。
これは豊田スタジアムに設置されたHa:moステーションで、COMSとPASの両方が使えるようになっています。
豊田市内にはこのようなステーションがいくつも設置されており、Ha:moに登録しておけば、スマホで予約、チョイ乗りができるようになります。
おもしろそうなので、私も今度、試してみようかと思ってます♪

さて今回の現像・・・めっちゃアバウトな諸元でやってみましたが、ちゃんと現像できるもんですねえ。^^;
経緯は↓なんであります。

「さて、TMX撮り終わったじょ・・・TMX Developerで現像するかな・・・最近は1:9の希釈現像ばかりなので、2月に1:4で作ったStock現像液、一回使っただけで放置してあるなあ・・・今回はこれを利用してみるか・・・」

「液温が高くなっているので、Stockだと現像時間が短くなりすぎてコントロールが難しいよな、やっぱり希釈だな・・・でも、半年近く放置してあるからなあ・・・1:9の希釈じゃ不安だなあ、まーちっと濃いめの1:7のワンオフ現像にしてみよう・・・」

「さてと・・・1:7の現像液を500ccつくるには、TMX Developer 63ccと水437ccでいいんだよな・・・じゃあ、この1:4のストックを315cc使えば、その中には63ccのTMX Developerがあると言う計算になるよな・・・さらに水を185cc加えて合計500ccにすれば1:7のTMX Developer希釈現像液ができるはずだよな・・・(私立文系出身で計算能力が乏しい私の計算ですが、これであってますかね?^^;)」

「お~し、1:7の希釈液ができたっと♪・・・現像諸元をMassive Dev Chartで確認してみるか・・・ふんふん、ISO100なら24度で9.5分ね、りょーかいりょーかい、EI50で撮ってるので9分ぐらいかな♪」

「さて、温度は何度かな・・・ありゃ・・・28度もありやがる^^;・・・氷を用意するのも面倒だなあ・・・お~し、4度の差があるけど強行するのだ~・・・現像時間は7分から8分の間のどっかだな、ま、オーバー目のほうがスキャンしやすいから8分+αで現像してみよう♪(って、ヲイ^^;)」

「ふぅ、水洗終わった~、ドライウェルに浸けてと・・・さてネガ濃度はどんなもんじゃろ・・・おお、意外にイケてるわ~、フィルム現像ってかなりアバウトでも大丈夫なんだなあ、コーヒーでも現像できるぐらいだもんなあ、けけけけけ♪」

・・・ヨイコハマネヲシテハイケマセン・・・^^;

ちなみに上のコーナーが暗くなっているのは、Sekor 65mm/F3.5を絞開放でぶっぱなしたことによるビネットで、現像ムラではありません。^^v

愛知県豊田市千石町7丁目2 豊田スタジアムにて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor 65mm/F3.5
Kodak T-MAX Professional (EI50)
Kodak T-MAX Developer (1:7 Diluted, 8 1/4 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-06-25 06:00 | Still Life | Comments(14)
2014年6月24日 手持無沙汰な風車
b0175964_2224416.jpg

私の住む街の公園にあるオブジェです。
ま、言ってみれば風車でして、風の強い日にはぐるんぐるんと回っております。
でも、この日は無風に近かったんですね・・・風車たちも仕事がなくて、手持無沙汰に見えました。
「ふわ~・・・ひま~・・・」って声が聞こえて来そうなんでありました。^^;

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Ilford HP5 Plus 400 (EI200)
Ilford Perceptol (1:2 Diluted, 12 minutes at 25 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.4
[PR]
by noblivion | 2014-06-24 06:00 | Japanese Landscapes | Comments(8)
2014年6月23日 緑を飼う鳥籠
b0175964_20575123.jpg

花遊庭のジャンクヤードで何やら話が聞こえます・・・

カンテラ:「お、鳥籠の癖に鳥じゃなくて緑を入れてるんだ~♪」
鳥籠:「うん、鳥さん、最近ちっとも来てくれないから、新しい店子を入れてみたのさ。」
巣箱:「いいなあ、うちも鳥さん来てくれないんだよ・・・でも光が入らないから緑は無理だなあ・・・キノコにでも頼んでみるかなあ・・・」

とかなんとか・・・^^;
でも、ほんとにこれが聞こえたら、びょーいんへ行った方が良いかも~。^^;;;

愛知県豊田市大林町1-4-1 花遊庭にて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor DS 105mm/F3.5
Fujichrome Provia 100F RDPIII
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.4
[PR]
by noblivion | 2014-06-23 06:00 | Rusty Scene | Comments(10)
2014年6月22日 没山発掘噴水陽光反射物件
b0175964_162040.jpg

4月初旬にセントラルパークで撮った写真です。
そのときはまだ寒の戻りがあったりして、水の写真はちょっと寒々しいのでボツにしてしまいました。

でも、昨日は夏至・・・
最高気温も30度近くまであがり、この季節ならちょうどスズシゲなんであります。
色味もクールなパープル系、お~し、じゃあアップしてみようか、って気分になりました♪

ときどきボツ山を掘り返してみるのも大切ですね。
「あの時はNGだったけど、今なら使える・・・」って写真、見つかりますからねえ。^^

名古屋市東区東桜1丁目 セントラルパークにて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor 65mm/F3.5
Ilford FP4 Plus 125 (EI50)
Ilford Perceptol (1:2 Diluted, 15 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by noblivion | 2014-06-22 06:00 | Lights & Shadows | Comments(10)
2014年6月21日 人待ち顔のボンネットバス
b0175964_11184847.jpg

トヨタ博物館の玄関横でひっそりとたたずむボンネットバスであります。
「ぼく、ヒマ・・・誰か、お客さん、乗ってくれないかなあ・・・」とひとりごちているように見えました。

このバスは、トヨタ ボンネットバスFB80型と言いまして、1963年製なんだとか・・・私が幼き日に見た形のバスですね。
スペース効率を考えると、ボンネットバスってあまりよろしくないようで、次第にリアエンジン車に圧倒されていくようになってしまいました。
でも、その効率の悪いところが人間味があって良かったんだよなあ、ボンネットバス・・・^^;

ちなみに、このバス、中に入れるようになってます・・・私も何回か乗りました・・・誰か、乗ってあげれば喜ぶのになあ。^^;

愛知県長久手市横道41-100 トヨタ博物館にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Ilford HP5 Plus 400 (EI200)
Ilford Perceptol (1:2 Diluted, 12 minutes at 25 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.4
[PR]
by noblivion | 2014-06-21 06:00 | Still Life | Comments(12)