Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
<   2014年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2014年7月31日 四重対照の美術館
b0175964_11435594.jpg

建築家黒川紀章氏のの代表作として名高い名古屋市美術館です。
この建物、愛知出身の黒川氏の「地元愛」をふんだんに取り入れた意匠がユニークなんだそうです。
名古屋の伝統的な建築物、例えば名古屋城や大須観音、熱田神宮などの意匠が随所に取り入れられているとのこと・・・
うう、どこがどれで、どれがどこなのか、まるでわかりません。^^;

建築家の意図はさておき、このシーンにはある種ののコントラストがあるんですね・・・
つまり丸窓と四角窓、水平垂直線と斜線、樹木の自然と建物の人工、実像の樹木と虚像の影・・・楽しいんですよねえ、こういうの♪
そのため、こんなタイトルになってしまいました。^^;

名古屋市中区栄二丁目17番25 名古屋市美術館にて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor 65mm/F3.5
Ilford Pan F Plus 50 (EI25)
Ilford Perceptol (1:2 Diluted, 12 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-07-31 06:00 | Lights & Shadows | Comments(6)
2014年7月30日 熱い静寂 #1
b0175964_1673291.jpg

夏の都市風景が大好きです。
熱風の吹くコンクリートジャングル、あまりの暑さで人通りも少なくなり、静けさが支配する空間・・・
去年は「陰り逝く炎暑」シリーズを撮り、その一部を使ってJPS応募作品を作りましたが、今年もシリーズものを撮ってみることにしました。
今年のテーマは「熱い静寂」です・・・暑くなればなるほどテーマにふさわしくはなるんですが、身体がもつかな、あはは。^^;

愛知県豊田市にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Kodak T-MAX Professional (EI50)
Kodak T-MAX Developer (1:9 Diluted, 11 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-07-30 06:00 | Seasonal Images | Comments(10)
2014年7月29日 神様のお祓いを受ける大鯛
b0175964_23423675.jpg

豊浜の鯛祭り第一日目のメインイベント、御仮屋での鯛の奉納と担ぎ手さんたちのお祓いです。
まだ次の日も使わなければならないので、大鯛も綺麗ですね。
これが二日目になると・・・この御仮屋の門柱に激突し食い込みます・・・少しでも神様に近いほうが霊験あらたか、ってことらしいです。
また、他の大鯛ともバトルをして、満身創痍になってしまうらしいです。^^;
二日目は、大鯛が海に入って泳ぐところも見られるらしいので、来年はぜひ二日目を狙っていこうと思っております~♪

愛知県知多郡南知多町豊浜にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Kodak T-MAX Professional (EI50)
Kodak T-MAX Developer (1:9 Diluted, 11 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-07-29 06:00 | Snap Shooting | Comments(8)
2014年7月28日 バンブンタネホウトクカイホンマチビル
b0175964_2022311.jpg

名古屋の中心街、栄町と伏見通りの真ん中を南北に貫く本町筋・・・その北端は名古屋城ですね。
先日、その本町筋の北端に近いところを歩いている際に遭遇したのがこのレトロなビルです。
乗馬用品のお店やバーなどの飲食店が入った雑居ビルのようなんですが、実に素敵な面構えなんであります♪

窓の部分にアールの付いた表現主義的な意匠は・・・ううむ、素晴らしい♪
「どう見ても戦前の建築なんでアール」って、くだらない親父ギャグを飛ばしている場合じゃありませんでした。^^;
たまたまMamiya C220を持っておりましたので、しっかりと撮らせていただきました♪
しかし105mmって写角が狭いせいか、反対車線から建物を撮るのに実に適性がありますねえ、パースも付きにくくありがたいんであります♪

帰宅後調べてみたら、昭和6年(1931)に建築された鉄筋コンクリート造の建物のようでした・・・御年83歳ってことですね。^^
その名称がありきたりじゃなくて萌えましたね~、「坂文種報徳会本町ビル」と言うのですよ。
片仮名で書くと「バンブンタネホウトクカイホンマチビル」・・・なんともユーモラスな言葉の響きです。
でも、実際にはこのバンブンタネホウトクカイはごくごくまともで団体のようでした。
愛知県の誇る名門病院のひとつ、藤田保健衛生大学と関係のある医学団体なんだそうです。^^
写真を撮ってブログにアップしていると、こういう楽しいトリビア、いっぱい仕込んでしまいうんであります♪

名古屋市中区丸の内3丁目1−32 坂文種報徳会本町ビル
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor DS 105mm/F3.5
Ilford Pan F Plus 50 (EI25)
Ilford Perceptol (1:2 Diluted, 12 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-07-28 06:00 | Old Buildings | Comments(12)
2014年7月27日 だまし絵の中の梅雨明け
b0175964_22565946.jpg

トロンプ・ルイユと言う言葉があります・・・いわゆる「だまし絵」ですね。
梅雨明けの空に浮かぶ白い雲を写すオフィスビル・・・ルネ・マグリットっぽく不思議な感じで撮りたくなる存在です。

この105mm、135判換算で58mmと狭めの標準レンズですから、ちょっと被写体からディスタンスをとって撮影することになります。
こうするとパースが付きにくいんですよね、建築物を撮るときにはありがたいんであります。
ただ、大判カメラのようにアオリが使えるわけではないので、ある程度緩和する、ってレベルまでしかいきませんけどね。
でも、このぐらいならAdobe Lightroomのソフト・アオリで、フォール・ティルト補正可能なんであります♪

名古屋市中区栄にて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor DS 105mm/F3.5
Ilford Pan F Plus 50 (EI25)
Ilford Perceptol (1:2 Diluted, 12 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-07-27 06:00 | Seasonal Images | Comments(6)
2014年7月26日 梅雨明けの雑居ビル
b0175964_22461476.jpg

梅雨明けの容赦のない日差しが降り注ぐこの場所は・・・はい、雑居ビルを裏側から見たところです。
モルタルの一様ではない表面・・・配管や換気扇の無秩序なレイアウト・・・このアナーキーさはなかなかフォトジェニックでした。^^;

久しぶりにIlford Pan F Plus 50をEI25で使ってみました。
現像液はIlford Perceptolの1:2希釈です・・・Perceptolのストック167ccと水を333cc加えて500ccの現像液とします。
4月初旬にPerceptolのパッケージ開封して1Lの水で溶解し、6分割して167ccずつ使い、今までに5本のIlfordフィルムを現像し、今回が6本目の現像となりましたした。
4か月にわたって使いましたが、途中、特に変質することもなかったですね。

今回の現像時間も、ヤマ勘です・・・とは言うものの、一応根拠はありますよ。^^;
Massive Dev.Chartによると、Pan F+をEI25で使った場合は、Perceptol 1:2希釈なら、摂氏20度で16分となっておりました。
今回も真夏の現像なので、現像液の温度は28度・・・20度で16分なら24度で14分、28度なら12分だろう、って感じです。^^;
現像後、スキャンしてみたら、良い感じのトーンが出ておりました♪

名古屋市中区栄にて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor 65mm/F3.5
Ilford Pan F Plus 50 (EI25)
Ilford Perceptol (1:2 Diluted, 12 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-07-26 06:00 | Japanese Landscapes | Comments(6)
2014年7月25日 空中線をなだめる雲たち
b0175964_203613100.jpg

台風一過で足早に飛び去って行く雲たちと、基地局と思しき空中線の会話です。

「ええなあ、君んたーは・・・次から次へ違う場所に行けて、けなりいでかんわ・・・ワシなんかよぉ、生まれてこのかたずっと、この場所だがね」

「おみゃあさん、とろくっさいこと言っとりゃあすなよ、こうやって移動ばっかしとるの、意外(いぎゃあ)と疲れるんだに」

「ほだほだ、いごかんでも世界中と会話(きゃあわ)できるなんて、そのほうがよっぽどけなるいでかんて」

「ほ、ほーきゃ?確かに自分で動かんでも勝手に電波が入って(ひゃあって)くるわなあ・・・どえらげにゃあ楽だでかんわ♪」

自分の境遇の素晴らしさを再確認して、嬉しそうな空中線なんでありました♪

お話に合わせて、Adobe Lightroomでカラー用のクロスプロセス・プリセットを採用し、スプリット・トーニングでハイライトに赤を入れて、ちょっとメルヘンっぽくしてみました・・・
あ、そこ、「メルヘンじゃなくて『気が変』なんじゃないのか」などと、みょ~に的を得たことを言わないように。^^;

愛知県豊田市にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Kodak T-MAX Professional (EI50)
Kodak T-MAX Developer (1:9 Diluted, 11 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5

上記の名古屋弁の標準日本語訳はこちら・・・^^;
[PR]
by noblivion | 2014-07-25 06:00 | Japanese Landscapes | Comments(8)
2014年7月24日 気になる正門横
b0175964_22551053.jpg

先日訪れた足助の山の中の廃校、椿立小学校です・・・すでにデジタル写真ブログではご紹介済みですね。
さて、ここに写っている建物はいったい何のための建物だったんでしょうか・・・

古い学校ではよく見かけるモルタル製の門柱が1対見えるので、ここが学校の正門だったようです。
校舎は左手の方に伸びており、この建物だけ独立性が高いように見えるんですね。
サイズから判断すると、音楽室や理科室などの教室系ではなさそうです・・・、宿直室なのか用務室なのか保健室なのか・・・

ううううう、気になる・・・^^;
ここ、廃校と言ってもユースホステルとして営業中ですから、一度泊まりに行って聞いてみるのも手かも知れませんね♪

愛知県豊田市椿立町坂27-2 あすけ里山ユースホステル(旧足助町立椿立小学校)にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Ilford FP4 Plus 125 (EI 50)
Ilford Perceptol (1:2 Diluted, 11.5 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-07-24 06:00 | Old Buildings | Comments(8)
2014年7月23日 虎の作りやうは、夏をむねとすべし
b0175964_1942236.jpg

岡崎市の農業大学校で見かけたヰセキ製のトラクターです。
機関部に大きなベンチレーションオープニングがあります・・・イタリー製のSAME同様に空冷エンジンなんでしょうか・・・
気になったので早速、ネット上にあるトラクターデータベースで調べてみました。

このトラクター、どうやらISEKI T7000と言うタイプのようです・・・でも、液冷ディーゼルですねえ。^^;
うむ~、まあ確かに風通しの良い方が冷却効率はいいんでしょうけどね。
また、このT7000、煙突の造形もユニークですねえ・・・舶来虎では見たことのない不思議な形、こちらもメッシュグリルで涼しげでした。

やはり蒸し暑い日本で作られたトラクターは、涼しげに作られているのかも。
「徒然草」の中で兼好法師は、「家の作りやうは、夏をむねとすべし(家は夏向きに建てるべきだ)」って言っております。
トラクターも家と同じなのかもしれません。^^;

愛知県岡崎市美合町並末1-2 愛知県立農業大学校にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Ilford FP4 Plus 125 (EI 50)
Ilford Perceptol (1:2 Diluted, 11.5 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-07-23 06:00 | Tractors | Comments(6)
2014年7月22日 黙々と繁茂する夏の蔦
b0175964_219555.jpg

農業用水路に渡された導水管の上に繁茂する夏の蔦です。
下のパイプはこの蔦に覆い尽くされていて、まったく見えませんね・・・強烈な繁殖力、生命力なんであります。
お日さまが雲に隠れているせいで、さほど強い反射にはなっておりませんが、黒光りする葉の表面、いかにも凶暴な感じなんであります。
とは言うものの、ゴ○ブリのヌラヌラ・テヤテヤ金属光沢に比べれば、ずっ~と可愛いもんなんであります♪
あのゴ○ブリの生命力、夏の蔦どころじゃないですからねえ。^^;

愛知県豊田市にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Kodak T-MAX Professional (EI50)
Kodak T-MAX Developer (1:9 Diluted, 11 minutes at 28 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.5
[PR]
by noblivion | 2014-07-22 06:00 | Flowers & Plants | Comments(8)