Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
<   2015年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2015年4月30日 初夏のストライプ
b0175964_2338133.jpg

この一週間で、晩春から初夏へ、一気に雰囲気が変わったような気がします。
もうすでに30度以上の真夏日になったところもあったとか・・・日差しもどんどん強くなり、影も濃さを増していっています。
これはそんな初夏の影が形づくるストライプで遊んでみました。
Rolleiflexを構えて構図の微調整をしていたら、ファインダーの右側から男の子が登場・・・
あ、左右反転のウェストレベルファインダーですから、この写真だと左からですね。

お~し、今日は写真の神様のご機嫌が麗しい・・・まるで、時空の歪んだ空間からワープしてきたように見えるではないですか~♪
こりゃ、「時をかける少女」の少年バージョンだな、とほくそ笑みながら、「ちゃ。」とシャッターを押させていただきました。

現像上がりをチェックしてみたら・・・ありゃ、コンマ数秒早すぎた・・・もう少しタメができたら、男の子はちょうど真ん中に来たのに。(泣)
これじゃあ、「時に見かける少年」が関の山なんであります、めそめそ。^^;
でも、覆水盆にかえらず、腹水肝臓にかえらず・・・これはこれで良しとしよう、次があるさ~♪

こんなヨタばかり言いながら・・・この銀塩フィルム写真ブログも、本日で創立6周年を迎えることができました。
このブログを見に来てコメントを残してくださるみなさまの励ましがあってこそ、6年も続けられたと思っています、本当にありがとうございました。

このブログを始めた6年前に比べると、銀塩フィルム写真を取り巻く状況は厳しさを増すばかりです。
どんどんフィルムは販売中止となり、生き残っているフィルムも容赦なく値上げされる・・・
かたやデジタルは日進月歩、フィルムには敵わないと言われていた階調性さえ、RAWなら中判ネガフィルムに迫るところまできました。

だったら、手間のかかるフィルム写真なんて止めてしまえば良いんでしょうが・・・
そうはイカの○玉、タコがひっぱるんであります・・・フィルムにはフィルムの良さがあります・・・「撮ったじょ♪」、と言う達成感があります。^^v
いつまで続けられるかわかりませんが、少しでも長く続けたいと思っておりますので、今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます♪

名古屋市中区栄 白川公園にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6 1/2 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC
[PR]
by noblivion | 2015-04-30 05:00 | Lights & Shadows | Comments(6)
2015年4月29日 新緑萌える歩行者天国
b0175964_17101461.jpg

名古屋の目抜き通り、大津通で恒例の歩行者天国が始まっていますね。
栄交差点から矢場町北交差点までの大津通りの約700m、4/12(日)〜6/7(日)までの毎週日曜日と5/9(土)にホコテンとなります♪
時間帯は昼12時〜夕方18時までの間なんであります。
先週の日曜日、早速偵察に行ってきました。
冬の間は葉を落としていた大津通りの欅にも新芽が萌えはじめ、手をつなぐカップルの姿も眩しく、まさしく春の訪れって感じでしたね♪
普段は車が行きかう大津通りの真ん中でウェストレベルの二眼レフを構える・・・快感なんでありました。^^v

また、フィルムを現像していても、春を実感するようになりました。
そう、水道水の温度がぬるくなってきたのであります♪
今回はSPDを1:1希釈で使いましたが、ボトルに入れて保存してあるSPDのストックが22度ぐらい、水道水が16度ぐらいでした。
よって、1:1の溶液を作る際にちょっとお湯を足してやれば、簡単に20度の現像液ができあがるんであります。
冬の間はバケツにお湯を張って水温調整をしていましたが、それももう終わりですね♪

名古屋市中区 大津通りにて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6 1/2 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC
[PR]
by noblivion | 2015-04-29 05:00 | Seasonal Images | Comments(10)
2015年4月28日 港の人々
b0175964_18355480.jpg

横浜港は、のんびりと散歩するのには好適な港ですね。
産業港でコワモテな名古屋港とは違い、古くから開かれた港町ならではのロマンティックな雰囲気に溢れています。
この写真は、「象の鼻パーク」で撮ったものです・・・面妖な名前ですが、その由来は中央部に見えるくるりんと湾曲した埠頭からくるのだとか。^^

b0175964_18371647.jpg

こんな子も港を眺めて佇んでおりました・・・これは、かの有名な童謡、「赤い靴はいてた女の子」の像であります。
Ai Nikkor 55㎜/F1.2、F8ぐらいに絞れば1枚目のようにかっちりした描写になりますが、F1.2の絞開放で撮ると、豪快にボケます。
これはF1.2の開放ですが、背景のみなとみらい21のランドマークタワーやインターコンチネンタルホテルが溶けちゃってますねえ・・・
こうなるともはや、アリバイ写真には使えないんであります。^^;

b0175964_18373261.jpg

こちらは山下公園へと続くプロムナードです。
左奥に見えるのは、「クイーンの塔」こと横浜税関・・・う~ん、名古屋港にはこういうオサレな雰囲気はないなあ。
港から市街地が発展していった横浜と、工業化の流れの中で港が作られていった名古屋、港の風景は大違いなんであります。^^;

横浜市中区 横浜港にて
Nikon F3
Ai Nikkor 55mm F1.2 (1,2枚目)
Ai Nikkor 35mm F1.4S (3枚目)
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6 1/2 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-04-28 05:00 | Snap Shooting | Comments(12)
2015年4月27日 一年に一回、大盤振る舞いするローカル駅
b0175964_22123389.jpg

すでにデジタル写真ブログではご紹介済みの、名鉄三河線「平戸橋」駅です。
普段はとても地味なローカル駅が、一年に一回だけ、素晴らしい駅に変身する・・・素敵ですねえ、こういうの♪

この桜に包まれた平戸橋駅を見ると、「バベットの晩餐会」と言うデンマーク映画を思い出します。

パリ出身の元名シェフが、デンマークの片田舎で家政婦として働いていた・・・彼女に一万フランの宝くじが当たる・・・そのお金でパリに戻るのかと思いきや、恩のある二人の老姉妹や村の人たちのために、すべてを使い切って豪華なディナーをつくりあげる・・・パリには戻らずその地に留まることを選ぶ・・・

人生の幸せって何なんだろう・・・そんなことを考えさせられる静謐で素敵な映画でした。
この平戸橋駅も、一年間に蓄えた美しさを、この桜の季節に思い切って使ってしまう・・・なんとなく似ているような気がするんであります♪

愛知県豊田市にて
Rolleicord V
Schneider Kreuznach Xenar 75mm f/3.5
Ilford HP5 Plus 400 (EI 200)
Ilford ID-11 (Stock, 7.5 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-04-27 05:00 | Seasonal Images | Comments(12)
2015年4月26日 春光のスパイラル
b0175964_2327788.jpg

名古屋駅の摩天楼のひとつ、スパイラルタワーズです。
春になって日差しが強くなってくると、このタワーの壁面に反射する光がフォトジェニックになてきますね~♪
たまたまここを通ったときに付けていたのは標準画角の50mm・・・より広角なレンズを持ってなかったので、そのまま撮ってしまいました。
うむ、さすが標準レンズ、おもしくろはなくてもきっちりと写るんであります。
この写真のテーマは、タワーそのものじゃなく、春の光の反射がテーマなので、これでいいのだ~♪

名古屋市中村区名駅4丁目27-1 モード学園スパイラルタワーズにて
Nikon F3
Ai Nikkor 50mm f/1.8S
Ilford Pan F Plus 50 (EI 50)
Ilford ID-11 (Stock, 7.75 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-04-26 05:00 | Lights & Shadows | Comments(6)
2015年4月25日 おぼろな貴婦人
b0175964_1821986.jpg




b0175964_21453764.jpg




b0175964_18234045.jpg

北太平洋の貴婦人と呼ばれた客船・氷川丸です。
デジタル写真ブログではもっぱら船内のインテリアを撮ってみましたが、フィルムでは船上の構造物を撮ってみました。
全て、このレンズの絞開放、F1.4です。
35mmと言うと一応広角レンズの範囲に入るんですが、F1.4の絞開放ともなると、あまり広角っぽくなく標準レンズっぽいダダぼけになります。
広い範囲がぼや~んと写ると言う、まか不思議な描写が面白いんですよね~♪

でもまあ、考えてみれば、この35mm F1.4を画角が狭くなるAPS-Cで使えば、換算52mm/F2のレンズの被写界深度になるわけです。
浅い深度の標準レンズと言っても、そんなに不思議はないわけです・・・と、無茶を言ってみる。^^;
ただ、写る範囲が広いので、印象はかな~り変わりますね。

横浜市中区山下町279 山下公園 氷川丸にて
Nikon F3
Ai Nikkor 35mm F1.4S
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6 1/2 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-04-25 05:00 | Still Life | Comments(10)
2015年4月24日 力がみなぎらない昼間の飲屋
b0175964_1754789.jpg

飲屋さんって、一番いきいきして見えるのは、やっぱり夜ですね。
特に寒い冬の夜なんか、暖かな電燈の明かりの元で見ると、嬉しくも頼もしい存在に見えます。
でも昼間に見ると・・・う~ん、頼りないというわけじゃないんでしょうが、なんか力がみなぎらない感じの雰囲気なんであります。^^;
この飲屋さんも、名前はめっぽう力強いんですが、昼間はその力を持て余している感じですね。^^;

愛知県豊田市にて
Rolleicord V
Schneider Kreuznach Xenar 75mm f/3.5
Ilford HP5 Plus 400 (EI 200)
Ilford ID-11 (Stock, 7.5 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-04-24 05:00 | Snap Shooting | Comments(8)
2015年4月23日 東西をつなぐ塔
b0175964_184145.jpg

賑やかな街燈を載せた石造りの重厚な橋・・・今の建築物にはない、味わい深い眺めであります。
ここは名古屋駅の南東、JR山王駅近くの橋の上です・・・その向こうにそびえる塔は何かというと・・・

b0175964_1842035.jpg

松重閘門の閘門開閉用の塔ですね。
この閘門は、名古屋市内を南北に流れる堀川と中川運河の連絡を図るために作られました。
堀川と中川運河では、堀川の水位が約1m高いため、パナマ運河と同様の閘門による水位調節を行う事が必要となり、1930年(昭和5年)に建設を開始、1932年(昭和7年)から供用が開始されたものです。
幅9.1m、全長90.9mの閘門で、最大通行可能船舶重量は60t、通行に要する時間は約20分だったとか。
運用開始時には、「東洋一の大運河」とか「東洋のパナマ運河」とも言われ、名古屋名物の1つだったんだそうです。

水上交通が輸送の主役を担っていた時代は松重閘門を利用する船も多かったそうですが、自動車輸送に物流の中心が移行すると閘門の必要性も減少し、1968年(昭和43年)に閉鎖、1976年(昭和51年)に公用廃止となりました。

この松重閘門の塔は高さ21mで、東西に2対、合計4本の尖塔があります。
これらの尖塔は閘門を区切る鉄扉を動かす錘を上下させるためのものだったそうで、扉式の閘門が多い日本では珍しい形式だそうです。
昭和ひとけた生まれの塔ですから、もう80歳以上・・・でも、その存在感はいまだに素敵ですねえ♪

名古屋市中川区 松重閘門にて
Nikon F3
Ai Nikkor 50mm f/1.8S
Ilford Pan F Plus 50 (EI 50)
Ilford ID-11 (Stock, 7.75 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-04-23 05:00 | Old Buildings | Comments(8)
2015年4月22日 ショッピングモールの親子
b0175964_15541812.jpg

先日の横浜オフ会の際、友人のJ君親子のポートレートを撮らせていただきました。
実はこのとき、奥様がちょっとこの場を離れており、あとで撮ればいいか、と思って先にこの2枚を撮ってしまったのですね。
ところがぎっちょん・・・その後、撮るのを忘れてしまいました・・・Hちゃん、ごめんよぉ。
また、そのうちちゃんとしたポートレートを撮ってあげるからねえ♪

b0175964_15543796.jpg

実はこちらのカットが最初に撮ったものです。
J君も、ご子息のS君も、ちーと表情がまだ硬かったですね。^^;
この後、せっかくの大口径レンズなので、背景との距離を撮った最初の写真を絞り開放で撮りました。
そっちのほうが自然な表情だったので、一枚目に上げさせていただきました。^^v
S君の頭に十字架建ててしまいましたが・・・(滝汗)・・・J君、S君、素敵な笑顔をありがとうね~♪

神奈川県横浜市西区 みなとみらい21にて
Nikon F3
Ai Nikkor 35mm F1.4S
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6 1/2 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-04-22 05:00 | Portraits | Comments(6)
2015年4月21日 MIRAIがやってきた
b0175964_17291615.jpg

本日はデジタル写真ブログでも横浜の「みなとみらい21」をご紹介しておりますので、未来つながりでトヨタ・MIRAIなんであります。^^
MIRAIはトヨタ自動車が世界に先駆けて発売した燃料電池自動車(FCV, Fuel Cell Vehicle)ですね。

燃料電池と言っても、実際には電池ではありません。
水素と空気中の酸素を、化学的に結合させて発電する装置のことです。
つまり、特殊タンクに充填した水素をエネルギー源にして、発電しながら走る電気自動車(EV)のことを燃料電池車(FCV)と呼ぶのです。

FCVは排ガスはいっさい出さないエコカーです。
また、水素は地球上にほぼ無限に存在することから、化石燃料と違ってエネルギーの枯渇の心配がありません。
充電に時間のかかるEVやPHVと違い、数分程度の燃料充填で数百kmの走行が可能です。

こう書くと、FCVは素晴らしい乗り物のように聞こえますが、実は穴もたくさんあるようです。
いわくコストダウンには限界がありハイブリッド車ほど安くは製造できないとか、FCVの燃料は高価にならざるを得ないとか、燃料効率はEVに負けるとか、水素供給のインフラ確立にも莫大なコストがかかるとか・・・
う~ん、なかなか一筋縄ではいかないものなのですねえ。

ちなみに、お値段は初号機ゆえにまだ高いです・・・723万6000円(税込)なり。^^;
でも、購入補助金が270万円ほど出るので、グリーンカー税制やエコカー減税も活用すれば、実際の支払いは450万円ぐらいなんだそうです。

色々言われているMIRAIちゃんですが、最近は結構見かけるようになりました。
先日豊田市内を走っていたらMIRAIちゃんに遭遇・・・思わず後を追いかけましたが、信号で離されてしまい、写真は撮れませんでした。^^;
また、うちの近所のガソリンスタンドにも水素ステーションが設置され、MIRAIちゃんが給水素(^^;)しているのを目撃しました。
ううむ・・・未来は意外に早くやって来ているのかも。

愛知県豊田市トヨタ町1 トヨタ会館にて
Rolleicord V
Schneider Kreuznach Xenar 75mm f/3.5
Ilford HP5 Plus 400 (EI 200)
Ilford ID-11 (Stock, 7.5 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-04-21 05:00 | Still Life | Comments(12)