Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
タグ:Arsenal Arsat C 80mm/F2.8 ( 119 ) タグの人気記事
2013年8月27日 疑惑のハイビスカス
b0175964_16155419.jpg

暦の上では、今週で夏が終わります・・・体感的にはしばらく続きますけどね、名古屋ですから。^^;
なので、夏っぽい写真を始末にかかりました。
これ、ハイビスカスです・・・お花屋さんの店先で撮りましたから間違いなく生花だと思うのですが・・・
どーよ、この偽物っぽさ。^^;
特に葉っぱのあたり、な~んかプラスチックぽいんですよねえ。^^;;;
ハイビスカスって、そもそも造花っぽい花なのか、RVPFと言うフィルムがそういう作用を産むのか・・・うむむむ。^^;

名古屋市昭和区滝川町付近にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Fujichrome Velvia RVP 100F
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-08-27 06:00 | Flowers & Plants | Comments(12)
2013年8月6日 なんとなくヨーロッパな街角にて
b0175964_122283.jpg

街を歩いていると、みょ~にバタ臭い一角に出くわす時があります。
ここは、あるマンションの一階にある美容院の前なんですが、ちょっと日本離れした雰囲気がありましたので、撮らせてもらいました。
フェンスの前に置かれたペールブルーに塗られたビアンキの自転車、フェンス内のデコレーション、美容院のエクステリア・・・
ホンモノの欧州の風景とはまるで違うんですが、「なんちゃってヨーロッパ」の雰囲気には溢れておりました♪

名古屋市昭和区滝川町付近にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Fujichrome Velvia RVP 100F
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-08-06 06:00 | Still Life | Comments(12)
2013年7月23日 窓越しのキャンプサイト
b0175964_20453759.jpg

先日、Kiev 88Cに詰めたRVPFの12コマ目の写真です。
「あと1枚撮れば現像に出せる・・・」と言うとき、それにふさわしい被写体を探すんですが、なかなかコレと言うものに出逢うことは少ないですね。
36コマもある135判だと集中力が続かず、最後の数コマはどーでもいーものを、どーでもいー構図で撮ってしまうことが多いです。^^;

でも、120判だと、10コマ~15コマなので、一応まじめに被写体を探して歩きます。
これは、ある美容院さんの窓越しに見たディスプレイなんですが、キャンプ風景になっているのがユニークです。
「おーし、これなら撮っても絵になる・・・」と思って、まわりの風景の映り込みを入れて撮影しました。
これで12コマ撮影完了、やはり私のように短気な人間には6x6の12コマが合ってるようです。^^;

名古屋市昭和区塩付通3丁目付近にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Fujichrome Velvia RVP 100F
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-07-23 06:00 | Snap Shooting | Comments(10)
2013年7月19日 行き倒れの自転車
b0175964_1202163.jpg

倒れた自転車です。
この日は風は強くなかったんだけどなあ・・・
あまりの暑さに、ここで行き倒れてしまったんでしょうか・・・あはは。^^;

名古屋市昭和区広路町石坂にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Fujichrome Velvia RVP 100F
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-07-19 06:00 | Snap Shooting | Comments(12)
2013年7月3日 錆バルブの日光浴
b0175964_933478.jpg

名古屋港やその近くの工業地帯に出かけると、こういう錆びたパーツがそこらじゅうに転がっておりますね。
赤錆フェチにはたまらない場所なんであります。
さて、初夏の日差しを浴びて気持ちよさそうなこの被写体はいったい何なんでしょうか・・・
バルブのようにも見えるのですが、だとしたら、なぜこんなところに乗っかっているのでしょうか・・・
バルブを使うような機械には見えないんですけどね、下の台。^^;
どっかのパーツを取り換えたあと、とりあえず仮置きして忘れ去られたとか・・・^^;
こういう打ち捨てられた物体を見ると、最後に人が触ったのはいつなんだろうかと、ついついあほらしい想像にふけってしまうのであります。

名古屋市港区にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Ilford Pan F Plus 50
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-07-03 06:00 | Rusty Scene | Comments(12)
2013年6月25日 マヤ風味なアールデコ
b0175964_1332956.jpg

明治村を代表する建築物、帝国ホテルのエントランスの造形を切り取ってみました・・・大谷石とスクラッチタイルのデザインが美しいです。
このホテルを設計したのは近代建築の四台巨匠のひとり、フランク・ロイド・ライトです。
ちなみに残りの3人はル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエ、ヴァルター・グロピウスですね。

ライトの作風は、アールデコのコンテキストではありますが、コルビュジエやグロピウスのように徹底した機能主義、無機質的作風とはちょっと違う感じです。
コルビュジエによって「装飾過多」だと批評されたように、ライトのデザインは直線基調ながらも有機的で原始的なルサンチマンを感じさせます。
この意匠は中央アメリカのマヤ文明あたりからの影響なんだとか・・・そういや、なんとなくそんな感じなんであります。^^

愛知県犬山市明治村にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Ilford Pan F Plus 50
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-25 06:00 | Old Buildings | Comments(10)
2013年6月21日 Dazed And Confused
b0175964_10291578.jpg

GWにモリコロパークに行ったときに目についた自動二輪です。
このメタリックな光沢、官能的な曲線・・・思わず幻惑されてしまいました。
たまたまIlford Pan F Plus 50を入れたKiev 88Cを持っていたのがラッキーです・・・このフィルム、金属光沢を撮るならベストのフィルムです♪
ISO50という低感度ですが、シャドウが粘るのでアンダー気味に露出してもつぶれにくいんですね。^^v

さて・・・「幻惑されて」と言えば、英国のロックバンド、"Led Zeppelin"のデビュー・アルバムに収録されていた"Dazed And Confused"の邦題ですね。
この頃のレッド・ツェップ、めちゃんこかっちょよかったなあ・・・
初めて聞いた時私は中学生でしたが、それまで聞いていたポップチューンとはまるで違う音作りにまさしく幻惑されたのでありました。^^

彼ら、とっくに還暦を過ぎてますがまだ元気です・・・
2007年にはアトランティック・レコードの創設者アーメット・アーティガンを追悼する一夜限りの再結成ライブをやりました。
そのときの演奏から"Black Dog"をどうぞ~♪



いいなあ、こういう過激なじーさんたち。^^;
ロバート・プラント、まだこんなに声が出るんだ・・・ジミー・ペイジは白髪になっても存在感たっぷり、ジョーンジーは別人かと思った。^^;
ドラムスはボンゾの息子のジェイソン・ボーナムですが、親父さんそっくりのドラミング・・・驚きました。^^

愛知県長久手市 茨ケ廻間乙1533−1  愛・地球博記念公園(モリコロパーク)にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Ilford Pan F Plus 50
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-21 06:00 | Still Life | Comments(10)
2013年6月16日 鉄橋上の強面ボルト
b0175964_16205754.jpg

明治村の六郷鉄橋のボルトです。
見た感じ、かなりでかいです・・・直径20cmぐらいあるんじゃないでしょうか・・・どんなスパナで締めるんだろう。^^;
この鉄橋は、明治政府が英国人のボイル氏に設計してもらったものだそうですが、すこぶる頑丈だったらしいです。
かつての国鉄職員の話によると・・・
「......汽車が橋の上で脱線したことがあります。トラスの処では落ちずに、先のプレート・ガーダー(避溢橋部の構造名)の処で落ちたのです。理屈に合わない変な橋でしたが、英国流で兎に角頑丈な橋でした。」
・・・だそうです。^^;

いいなあ、そういう過剰品質の製品って・・・ロマンがあります。^^
でも今は効率が全て、そういう利益を生まない製品づくりをする会社は少数派になってしまいました・・・ビジネスですからね、しょうがないです。

愛知県犬山市明治村にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Ilford Pan F Plus 50
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-16 06:00 | Japanese Landscapes | Comments(12)
2013年6月11日 コンクリ壁が描く初夏の日差し
b0175964_16274679.jpg

コンクリート製の擁壁です・・・以上。^^;

と言うと身も蓋もないのですが、ゴツい擁壁上に描き出される初夏の光の表情が綺麗なので撮ってみました。
撮るからにはあまり単調だと面白くないので、この擁壁の周りをしばらく歩き回り、多少でも変化のある場所を選定しましたよ。

少々アンダー気味にして、Lightroomでコントラストを付けてやりました。
このIlford Pan F Plus 50、アンダー気味に落としてもシャドウの階調が綺麗に出るので、パンチのある絵になるのが楽しいです♪

名古屋市港区にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Ilford Pan F Plus 50
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-11 06:00 | Lights & Shadows | Comments(8)
2013年6月6日 碧空の灯台
b0175964_13413422.jpg

青空を背景に立つ白亜の灯台・・・絵になりますねえ♪
これは明治村にある「品川灯台」で、現存する洋式灯台では日本最古のものだそうです。
19世紀の建物って、効率は良くないんでしょうが、現代建築にはない素敵な味わいに満ちているんであります♪

Ilford Pan F Plus 50、今手に入るフィルムの中ではVelvia RVPと並んでISO50という低感度です。
暗いところでは使いにくいフィルムですが、このフィルムならではの緻密なトーンが大好きで、お天気の良い日には積極的に使いたくなりますね♪

愛知県犬山市 明治村にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Ilford Pan F Plus 50
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-06 06:00 | Japanese Landscapes | Comments(10)