Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
タグ:Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK ( 24 ) タグの人気記事
2010年8月25日 夏の午後ののどけき光
b0175964_18381669.jpg

今年の夏はお盆を過ぎてもいっこうに涼しくならず、毎日うだるような気温が続いています。

7月に渡欧したとき、欧州はちょうど熱波に襲われていました。
でも、最高気温は30度前後ですし、朝夕にはぐっと冷え込んで20度以下まで落ちてきます。

この2枚はデルフト滞在中の夏の日差しを撮ったものなんですが、現地に居たときは「この暑い日差しを撮らねば・・・」と思っていたのに、今見ると避暑地の日差しなんですね~。
亜熱帯の東海地方とは大違い、涼しそうです~♪

b0175964_18383563.jpg


オランダ・デルフトにて
Pentax MX
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
Ilford Delta 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2010-08-25 18:43 | Lights & Shadows | Comments(14)
2010年8月22日 ハイネケンなマネキン
b0175964_13385576.jpg

オランダを代表するビールと言えばハイネケン・・・
酒屋さんの店先にあったマネキンですが、彼が着ているノベルティのウィンドブレーカーには、缶ビールを入れるポケットが付いていました。
さすがハイネケン、やるもんだな~。^^

オランダ・アムステルダムにて
Pentax MX
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
Ilford Delta 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2010-08-22 13:42 | Netherland Landscape | Comments(10)
2010年8月15日 Waiting for a shuttle bus...
b0175964_11535941.jpg

中部国際空港から我家に帰ってくるときは、シャトルバスが安くて一番便利です。
これは先日欧州旅行から帰ってきたときの写真です。

バスの待ち時間が長くて暇・・・退屈なので、欧州で知人にもらったKodak BW400CNを詰めて早速撮影を始めてしまいました。
カメラさえあれば、いくら待ち時間が長くても平気なんですよね~。^^;

b0175964_11542432.jpg


b0175964_11544171.jpg


愛知県常滑市 中部国際空港にて
Pentax MX
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
Kodak BW400CN
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2010-08-15 11:59 | Japanese Landscapes | Comments(16)
2010年8月12日 ボトルのある風景
b0175964_18685.jpg

ガラスで出来たものが大好きです。
ステンドグラスだけでなく、ボトル類も大好物・・・透過光の織り成すカタチが好きなんでしょうね~。^^
なので、オランダに行っても、ボトルを見つけるとつい撮ってしまうのでありました。

b0175964_186317.jpg


オランダ・ゴーダにて
Pentax MX
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
Ilford Delta 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2010-08-12 18:09 | Netherland Landscape | Comments(6)
2010年8月9日 錆びたタンクのある風景
b0175964_1542350.jpg


b0175964_15423240.jpg


b0175964_15425585.jpg

こういう塗膜が落剥して錆びかけたものって、写欲をそそるんですよね~。
たまたま近くを車で走っているときに、こんなタンクを見つけてしまった・・・早速車を停めて撮りに行ってきました。^^

愛知県豊田市にて
Pentax MX
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
Kodak BW400CN
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2010-08-09 15:46 | Rusty Scene | Comments(18)
2010年8月5日 自転車の街、アムステルダム
b0175964_14383049.jpgオランダ、国土の1/4が干拓地で標高ゼロメートル地帯、坂が無いので自転車で移動するのが楽チンな国です。

そのせいか、どこにも自転車が置いてあり、ついつい撮ってしまいます。^^

これはオープンカフェに立ち寄った人が乗っていた自転車でしょうか。

ゴツい鍵がひときわ目を引きます。^^

下はアムステルダム中央駅前の駐輪場です。

物凄い量の自転車ですが、ちゃんと自分の自転車を見分けることが出来るんでしょうか。


b0175964_14385095.jpg




b0175964_14391396.jpgこちらは、運河にかかる橋の上に停められた自転車です。

なるほど、ゴツい鍵はこういう風に使うんですね。

アムステルダムでは、こういうバッグを装備した自転車、よく見かけました。



オランダ・アムステルダムにて
Pentax MX
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
Ilford Delta 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2010-08-05 14:46 | Netherland Landscape | Comments(12)
2010年7月30日 蔦に絡まれた廃バス-盛夏編
b0175964_12312263.jpg

定点観測を続けている「蔦に絡まれた廃バス」、真夏はどんな感じになっているか見に行ってきました・・・いやはやなんとも・・・想像以上にすさまじかったです。^^;

春まだ浅き三月末はまだ冬枯れしており、バスの車体もよく見えました。5月末でも、「ああ、蔦も新緑なんだな~、綺麗だな~」と余裕で見ていられました。
でも・・・さすが7月下旬ともなると・・・猛烈な繁殖力ですね・・・げんなりしました~。^^;

b0175964_12314261.jpg

上はバス前部の昇降ドア付近ですが、びっしりと蔦と雑草に絡まれてしまっています。
近くに寄ってみれば、「ああ、なるほど、バスですねえ・・・」とわかるのですが、ちょっと離れると、下の写真みたいな感じ・・・何がなんだかさっぱりわからない状態になってました。^^

b0175964_1232265.jpg


愛知県豊田市にて
Pentax MX
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
Kodak BW400CN
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2010-07-30 12:45 | Rusty Scene | Comments(23)
2010年7月28日 陶器の街の煉瓦建築
b0175964_1871823.jpg

英国からオランダに戻ってきた際、オランダ南部のデルフト(Delft)の街に三泊しました。
この街は「デルフト焼」で有名な、陶器の街です。
Royal Delftの窯元に行くと、いろんな物が陶器で作られていて感心しましたが、街自体は煉瓦作りの美しい町並みでした。

上はデルフト駅に向かう途中の風景ですが、こういう小径のたたずまいがなんとも言えずに美しい・・・
大都会のアムステルダムとは違う落ち着いた美しさに溢れていました。

また、下は国鉄デルフト駅の駅舎です。オランダ的な意匠が素敵でした。
私が訪問したときは修復・改築工事中で、下のほうは残念ながら写真を撮る気にならないような雰囲気でした。

b0175964_1874385.jpg


オランダ・デルフトにて
Pentax MX
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
Ilford Delta 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2010-07-28 18:15 | Netherland Landscape | Comments(20)
2010年1月1日 正月の伊勢にて
b0175964_1455574.jpg

あけましておめでとうございます。
旧年中は、私のブログにご訪問いただき、本当にありがとうございました。
今年もぜひよろしくお願い申し上げます。

1月3日の伊勢神宮、外宮参道での写真です。あ、もちろん去年のですよ。^^;
これは、私が十数年ぶりに撮ったフィルム写真の未発表分を、モノクロ変換したものです。

b0175964_1453561.jpg

この日、伊勢の友人のところに行く際に、叔父から借りたPentax MXを持って行きました。

フィルムを巻き上げ、フォーカス・リングを回してピントを合わせ、露出計を見ながら、好みの露出加減に絞りとシャッタースピードを調節して、裂帛の気合でシャッターを押す・・・

面倒と言えば面倒ですが、デジタルでは味わえない満ち足りた気分になってしまい、ついにフィルム写真に復活してしまいました。

b0175964_1461241.jpg

一昨年、デジタル写真のブログを作った頃は、フィルム写真なんて面倒くさいものは、二度と撮るもんかと思っていました。

でも、人間って豹変しますからね~。今では、昨年大晦日の写真の如くです。^^;
雀百まで踊り忘れず、三つ子の魂百まで・・・
元々がフィルムで写真を撮っていたので、やっぱりネガフィルムの柔らかい階調感、ポジフィルムのシャープな透明感が好きなんですね~。^^

そんなわけで、今年も懲りずにフィルム写真を撮って行きたいとおもっておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

三重県伊勢市 外宮参道にて
Pentax MX
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50
DNP Centuria 100 (Paint Shop Pro Photo X2にてモノクロ変換)
Scanned by Xylocopal
[PR]
by noblivion | 2010-01-01 02:02 | Japanese Landscapes | Comments(21)
2009年12月31日 黒顔羊撮影隊の構成員紹介
b0175964_1621898.jpg

昨年末も、「黒顔羊撮影隊の構成員紹介」をやりましたが、今年も私に思い出深い写真を撮らせてくれた黒子たちのご紹介をさせていただきたいと思います。^^

まずは、デジタルのK200Dちゃんです。
もっぱら機材紹介の写真を撮る方専門で、滅多に撮ってもらうことのない可愛そうなカメラです。
でも、デジタル写真はこの一台で今年も撮りきってしまいました。
K-7やK-xなど、魅力的な新製品が出てきた今年ですが、まだまだK200Dは現役続行です。^^v

b0175964_16193040.jpg

私にフィルム写真を再開させるきっかけを作ったPentax MX、そして中判写真を再開させるきっかけをつくった「ばけぺん」こと、Asahi Pentax 6x7です。
今年の一月、叔父から借りてきたこのMX、露出計が時々不機嫌になりますが、そのファインダーの見易さは天下一品、そして一眼レフで最小のコンパクトサイズは魅力です。
ばけぺんさん、もう言うことはありません・・・このカメラは特別の存在です。私の勝負カメラです。^^
なお、このカメラバッグは、私の持っているカメラバッグで最大の容量を誇る、英国製Billingham 445旧タイプです。

b0175964_1620331.jpg

M42マウントのVoigtlander Bessaflexと、 Carl Zeiss Jena Pancolar 1.8/50です。
どちらも使用頻度が少ないので、今月ドナドナしてしまいました・・・これが別れの記念撮影です。
こちらのバッグは、英国カンブリア州から取り寄せたフィッシングバッグ、John Chapman "Rambler"です。
エツミのクッションを入れて、中サイズのカメラバッグとして使用中です。

b0175964_16201263.jpg

Pentax SPFとSMC Takumar 55mm/F1.8です。
このカメラとレンズは、今を去ること40年近く前、私が始めて使った一眼レフでした。
今年、オークションにて再度入手しましたが、いまだに信頼性の高い撮影機材です。
なお、横に写っているのは、私のカメラバッグの中で最小サイズのBillingham Hadley Smallです。ライカ用なので小さいですが、一眼レフもちゃんと入ります。

b0175964_16195044.jpg

中判のサブとして活用してきたPentax 645と、AF・AEのお気楽一眼レフ、MZ-3です。
645はばけぺんとアダプタ経由でレンズを共有しています。また、Kiev 60や88Cのペンタコン・シックス・マウントのレンズも、アダプタ経由で使用できます。
逆に言えば、645の専用レンズは一本も持っていません・・・お兄さんのお古ばかり着せられる弟のような、かわいそうなカメラです。^^

MZ-3は、AE/AF/ワインダーと、すべてがお気楽すぎて、あまり写真を撮っている気がしません。^^;
でも、分割測光・スポット測光・中央重点測光が瞬時に切り替えられますし、露出計の精度も高いので、135判でポジを撮るときは、ほとんどMZ-3で撮っています。

b0175964_16231886.jpg

私の持っているカメラの中で、一番大きなフォーマット、6x9が撮れる蛇腹カメラ、Moskva 5です。
フレームを入れると、6x6の真四角写真も撮ることが出来ます。
このモスクワ5型、漏光という持病を持っていましたが、いまや習字用下敷フェルトを貼ることで完治しています。
蛇腹ですからたたむととてもコンパクト、お散歩用中判として便利な存在です。^^

b0175964_16243361.jpg

最後は、上の写真を撮ってくれたカメラ、Pentax P30TとPentax 645のツーショットです。
このカメラは、プラスチック外装で見るからにやぐ~いカメラですが、実に使いやすいインターフェースを持っています。
シャッターダイヤルが右手人差指だけでまわせますし、AE撮影もできるし、AEロックも効きます。
私の135判写真で、一番登場する機会が多いカメラではないでしょうか。

このほかにも、年末にはいにしえのレンジファインダーカメラ、Canon New Canonet QL17, minolta HI-MATIC 7が戦列に加わりました。
また、真四角写真の撮れるソ連のArsenal Kiev 60, Arsenal Kiev 88Cも増えました。

来年はどんなカメラが仲間に入ってくるでしょうか・・・^^;

この一年間、私のヘタレな銀塩写真ブログにお越しいただき、本当にありがとうございました。
また来年も、なにとぞよろしくお願いいたします。
それではみなさま、良いお年をお過ごしください。^^

愛知県西加茂郡三好町三好ヶ丘にて
1枚目~6枚目:
Pentax P30T
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
Fomapan 100 Classic

7枚目のみ:
KMZ Moskva 5 (with 6x6 Mask)
INDUSTAR-24 105mm/F3.5
Kodak Professional Tri-X400 (400TX)

Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2009-12-31 17:20 | Hardwares | Comments(8)