Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
タグ:Neopan 100 Acros ( 970 ) タグの人気記事
2011年5月19日 日陰の自動二輪
b0175964_13485828.jpg

ギンギラギンの太陽の下に置かれたバイクもかっこいいもんですが、日陰の優しい光の中に置かれたバイクの存在感もなかなか素敵ですね。
クローム鍍金された光り輝くパーツのハイライトから、マットな黒いタンクやレザーシートのグラデーション、魅力的な光と影に溢れています。
こういう被写体は、B&Wの微粒子フィルムで撮るのが一番楽しいですね。^^

名古屋市中区にて
Arsenal Keiv 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-05-19 13:54 | Still Life | Comments(8)
2011年5月17日 碧空を分割するもの
b0175964_2133521.jpg

名古屋港の九号地の上を行く「名港トリトン」です。
この橋は、世界的規模を誇る海上斜張橋なんだそうで、100年に一度の風や地震に対しても十分な耐久性を持つそうです。
この立派な建造物と背後に広がる紺碧の空を見ていたら、ばけぺんの広角55mmで撮ってみたくなりました。
たまたまばけぺんの中に入っていたのは、微粒子なネオパン・100・アクロス、F16まで絞ってかっちりきっちり撮らせていただきました。^^

名古屋市港区にて
Pentax 67
SMC Pentax 67 55mm/F4
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-05-17 21:40 | Japanese Landscapes | Comments(8)
2011年5月13日 初夏の貯蔵タンク
b0175964_13161235.jpg

GWも終わり、徐々に日差しが初夏らしく強くなってきました。
こういう季節になると、中判で広角レンズでぎっちり絞って、日差しの強さを撮ってみたくなります。
ネオパン100アクロス、中庸感度の緻密なフィルムですから、こういう用途にはもってこいですね。

名古屋市港区にて
Pentax 67
SMC Pentax 67 55mm/F4
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-05-13 13:19 | Lights & Shadows | Comments(12)
2011年5月11日 カメラを持つ若夫婦
b0175964_2164348.jpg

先日来名したT君夫婦を名古屋の観光案内にお連れしたとき、愛用のカメラを持ってもらって記念写真を撮ってみました。
T君の持っているのは初代ばけぺん、木製グリップ&ウェストレベル・ファインダー付きであります。
奥様の持っている可愛いカメラは、こだわりのかたまりのコンデジ、Ricoh GR Digitalです。
なお背景にぼんや~りと写っているのは、最強の名古屋的アリバイ風景、名古屋城ですね~♪

名古屋市西区樋の口町3丁目付近にて
Pentax 67
SMC Pentax 67 165mm/F2.8
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-05-11 21:12 | Portraits | Comments(19)
2011年5月9日 1/15秒のポートレート
b0175964_1465542.jpg

先日の丸栄中古カメラ市の後、例によってタイガー・カフェ東桜店でランチ・オフ会をやってきました。
その際に、参加した写真友達たちのポートレートを撮らせてもらいました。
このタイガー・カフェ、パリのカフェをモデルにしたというだけあって、6x6のノスタルジックなフォーマットで撮ると、実に欧州っぽく写りますね。^^

b0175964_147946.jpg

ただ、このときKiev 88Cに入っていたのはISO100の中庸感度フィルム、Neopan 100 Acrosでした。
タイガー・カフェはそれほど暗いカフェではないんですが、それでもやはり室内ですから光量が豊富にあるわけではありません。
Arsat 80mmをF2.8の絞開放で撮りましたが、それでもシャッター速度は1/15秒になってしまいました。
息を止めながら、「ぶれるなよ~・・・」とおもむろにシャッターを切る・・・ボシュ~・・・う~ん、なんとかぶれずに済んだようです。^^v
Kiev 88にしてもハッセルブラードにしても、ウェストレベルのカメラって腹部にカメラを押し付けるようにして撮ると案外ぶれないもんですね~♪

モデルになっていただいたYさん、Kさん、毎度ながらどうもありがとうございました。
また撮らせてね~♪

名古屋市東区東桜 "Tiger Cafe"東桜店にて
Arsenal Keiv 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-05-09 14:20 | Portraits | Comments(16)
2011年1月14日 残照の錬鉄と赤煉瓦
b0175964_14325014.jpg

常滑のやきもの散歩道には、古い煙突や窯がたくさん残っています。
それらは錬鉄と赤煉瓦でできており、すべてが一つずつ手作りされたものだと思います。
大量生産されたモダンな素材にはない豊かな表情に、心が和みますね~♪

b0175964_14331183.jpg


愛知県常滑市 やきもの散歩道にて
Mamiya-6 Type IV B
Olympus D-Zuiko 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-01-14 14:36 | Rusty Scene | Comments(8)
2011年1月10日 残照の棒杭
b0175964_17372255.jpg

冬の日の夕方、最後の力を振り絞って赤々と地表を照らす夕日・・・フォトジェニックですよね。
たまたま、そんな日差しを見かけたので、撮りたくなりました。

被写体は何でもよかったんですが、たまたま交差点にあった棒杭を撮ってしまいました・・・
もっとフォトジェニックなものはないか、探してみたんですが、これより絵になるものが見つからなかったんですよね~。^^;

愛知県豊田市にて
Mamiya-6 Type IV B
Olympus D-Zuiko 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-01-10 17:42 | Lights & Shadows | Comments(4)
2011年1月8日 小春日和の雑貨屋さん
b0175964_1316407.jpg

まだ暖かだった年末の午後の日差しを受ける雑貨屋さんの店頭です。
晩秋から初冬にかけての寒さが身に染み始める季節に、突然よく晴れて暖かな日がくることがありますが、こういう日のことを「小春日和」と呼ぶようですね。
秋なのに春とはこれいかに・・・です。^^;

英語だと「インディアンの夏」(Indian Summer)と言うようですね。
なんでインディアンなのか・・・これもいろんな説がありますが、どうやら北米のインディアンたちが厳しい冬を向かえるために冬支度をする日なんだとか・・・。
インディアンの伝説では、彼らの神様が冬眠をする前にキセルで一服し、そのタバコの煙がこの寒い季節に暖かな一日を生み出す、と言われているそうです。

しかし、本当に寒いですね~。なかなか撮影に出かけようと言う根性が沸いてきませんわ。^^;

名古屋市千種区 四谷通りにて
Mamiya-6 Type IV B
Olympus D-Zuiko 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-01-08 13:25 | Lights & Shadows | Comments(4)
2011年1月6日 残照のショーウィンドー
b0175964_1418503.jpg

昨年末の午後遅い時間に撮影したショーウィンドーです。
ショーウィンドーって、それぞれのお店の自慢の商品をディスプレイする場所なんだろうと思いますが、昨今のディスプレイはひねりが効いていてお洒落ですね。
商品をど~んと展示するのではなく、ほんの数点並べるだけ・・・後はそのブランドのイメージ・ディスプレイなんですね。

写真にも同じことが言えるのかもしれません・・・
撮りたいものをどーんと正面から攻めるのではなく、全体のイメージで勝負する・・・そうするとお洒落な写真になるんでしょうが、なかなかこれが難しいですわ~^^;;;

名古屋市中区栄町にて
Mamiya-6 Type IV B
Olympus D-Zuiko 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-01-06 14:28 | Japanese Landscapes | Comments(8)
2011年1月4日 残照の無愛想フェンス
b0175964_16152871.jpg

低い西日に照らされるフェンスです。
強面なコンクリート製の柱にごついアングル鋼材を組み合わせ、頑丈この上ない鉄製ボルトで固定するという無骨な構造です。
こういう無愛想な材質で作ってあるフェンスって、なんか無言の圧力を感じますね。
「ここから先、入ったら絶対に許さんもんね!しばきたおしちゃるもんね!」と言われてるような雰囲気でした。

愛知県豊田市にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-01-04 16:28 | Lights & Shadows | Comments(10)