Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
タグ:Pentax 67 ( 410 ) タグの人気記事
2011年4月13日 春の名古屋市市制資料館
b0175964_19471817.jpg

名古屋を代表する近代建築、名古屋市市制資料館です。
どの季節も美しさに溢れているネオ・バロックの素敵な旧裁判所ですが、特にこの桜の季節は美しかったです。

中判の標準レンズの絞開放って、ピントのあったところは実にシャープ、でも背景は大ボケ、立体的に写って楽しいですね。^^

名古屋市東区白壁 名古屋市市制資料館にて
Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Fujicolor Pro 160 NC
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-13 19:54 | Old Buildings | Comments(10)
2011年4月12日 早春の農機具小屋
b0175964_13531695.jpg

樹齢1300年を超える見事な枝垂桜で有名な岡崎市奥山田町でのスナップです。
整然と並べられた道具たちが、夕方の残照に映えて美しかったです。
NC160はISO160なので、減光するためにC-PLを使って105mm/F2.4を絞開放で撮ってみました。

愛知県岡崎市愛知県岡崎市奥山田町にて
Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4 with C-PL Filter
Fujicolor Pro 160 NC
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-12 13:58 | Japanese Landscapes | Comments(10)
2011年4月11日 美味しい光のあるカフェにて
b0175964_12544671.jpg

スターバックス・カフェでコーヒーを飲むとき、砂糖やクリーム、各種フレーバーなどを自由に入れられるのが楽しいですね。
私は普段はブラックなんですが、スタバに行くと、ついついいろんな添加物を試してみたくなります。
スタバって、なんかコーヒーが美味しく感じられるような工夫があるよう思えてなりません。
ちょっと暗めで暖かな色調の落ち着いた照明・・・どうやら、そこに美味しく感じさせる秘訣があるんじゃないでしょうか・・・

b0175964_1255334.jpg

暗い場所でしたが、Fujicolor Pro 800なら余裕でした。
しかし・・・こういう狭い場所で中判の中望遠の絞開放で撮ると、被写界深度が滅茶苦茶浅くて、非現実的な写真になって楽しいです♪

愛知県愛知郡長久手町 Starbucks Cafeにて
Pentax 67
SMC Pentax 67 165mm/F2.8
Fujicolor Pro 800
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-11 13:08 | Foods & Dining | Comments(10)
2011年4月10日 桜公園の桜
b0175964_20242430.jpg

我家の隣に「桜公園」というベタな名前の公園があります。
私が引っ越してきた当初は、まだ桜の木も小さくて完全に名前負けしていましたが、あれから20年近くも経つと、名実ともに「桜公園」を名乗るのにふさわしくなりました。
桜の名所と呼ばれる場所に比べるとささやかな規模の桜ではありますが、地元では家族連れでお弁当を食べたり散歩したりするのにとても人気のある場所となっています。

b0175964_02454.jpg

昨日は朝方までは雨降りだったんですが、午後遅い時間になってから日が射してきました。
私の部屋のベランダから見ると、どうやら桜公園の桜が満開になっている様子・・・早速ばけぺんをぶら下げて撮ってきました。

なお、今回使用したフィルムもいけみさんからいただいたFujicolor Pro 160 NCです。
感度はISO160と中庸感度ですが、さすがに光ののよく回ったところだと1/1000でF4.5ぐらいになってしまいます。
105mm/F2.4をを開放で使いたいので、フィルター系が67mmのタムロンA16用のC-PLをかまして減光しました。
NS 160は何度も使ったことがありますが、NC 160は初めて使いました。
NSは広階調で柔らかいグラデーションが気持ちよいフィルムですが、NCはややコントラストが高めで発色が鮮やかな感じですね。
いけみさん、貴重なフィルムのご提供、ありがとうございました。^^

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4 with C-PL Filter
Fujicolor Pro 160 NC
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-10 20:41 | Seasonal Images | Comments(6)
2011年4月8日 イタリアンレストランで記念写真
b0175964_13562551.jpg

昨日ご紹介したJAZZ INN PAPA'Zでの「テーブルフォト写真教室」の後、写真仲間のカメラ女子の皆様を記念撮影させていただきました。
講師のKさん、アシスタントのEさん、お店のオーナーのAさん、楽しい写真教室になりましたね~、お疲れ様でした。
こういう記念写真的スナップって、写真の王道かもしれません・・・大好きです。

Fujicolor Pro 800、鮮やかな発色をするフィルムですが、Kodakのフィルムほどには赤くならないので、人物写真にも向いてますね。

岐阜県多治見市住吉町2-27-1 JAZZ INN PAPA'Zにて
Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Fujicolor Pro 800
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-08 14:03 | Portraits | Comments(12)
2011年4月7日 早春の光にたたずむ静物たち
b0175964_21351266.jpg

先日の「テーブルフォト写真教室」の際に、ばけぺんでも撮ってみました。
デジタルでもひたすら「カメラ女子風」に撮ってみましたが、ばけぺんでも同様に寄って撮りたかったので、接写リングを付けてみました。
ノーマルな状態だと1メートルまでしか寄れない105mmですが、接写リング#1を付けると70cmぐらいまで寄れるようになり、その近接で絞開放のF2.4で撮ると、もう鬼のようにボケまくり快感です。^^
接写リング#2や#3だともっと凄い絵になるんでしょうが、マクロフォトではなく「カメラ女子風」なので、#1で充分です。^^

b0175964_2122880.jpg

中判は135判に比べるとボケが大きいと言われていて、同じ画角なら絞り2段分は違うと言うことを聞いたことがあります。
つまり、ばけぺんの105mm/F2.4は、135判に換算すると50mm/F1.2ということになるんでしょうか・・・
ただ、135判の大口径レンズ、たとえばノクチルクスなどとはかなり違う描写になります。
開放F値が大きいので、日中でも絞開放でぶっぱなせる、絞開放でも解像力が高い、望遠圧縮が効いてくる、などなどですね。
しかも値段は135判大口径レンズに比べると圧倒的に安価です・・・この105mm、中古で1万円しないと思います。^^;

なお、フィルムは写真友達のいけみさんにいただいたFujicolor Pro 800を使ってみました。いけみさん、どうもありがとうございました♪
ISO800という高感度なので、室内写真にはもってこいでした。
粒状も撮像面積の大きなロクナナになれば問題のない範囲ですし、発色もこってりして良い雰囲気です。
でも・・・このフィルムも製造中止になってしまったんですよね・・・面白いフィルムはどんどん姿を消して行き、本当に寂しいです。

岐阜県多治見市住吉町2-27-1 JAZZ INN PAPA'Zにて
Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4 with Extension Tube #1
Fujicolor Pro 800
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-07 21:23 | Still Life | Comments(6)
2011年4月4日 早春の光を浴びる錆ボルト
b0175964_2140129.jpg

春分の日もすぎて、確実に日が長くなっていくのを実感する毎日ですね。
4月って、気温の変化が極端ですね。
初旬はまだ肌寒くて防寒具が手放せないときが多いんですが、GWが近づいてくるとどんどん気温が上がり、Tシャツ1枚でも過ごせるような温度になるときもあります。
去年は4月下旬から5月初旬はとても肌寒い日が多く、「こりゃ、今年は冷夏だな・・・」なんて思ったものです。
ところがぎっちょん・・・記録的な暑さの夏となってしまいました。
今年はどうなんでしょう・・・また暑いんでしょうか・・・

愛知県豊田市藤岡町 豊田市藤岡民俗資料館にて
Pentax 67 "Bakepen"
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Kodak Ektar 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-04 21:46 | Rusty Scene | Comments(3)
2011年3月31日 早春の錆びた歯車
b0175964_1323443.jpg

豊田市藤岡町の民族資料館に保存されているトロミル水車の歯車です。
かつてデジタルでも撮ったことがありますが、ロクナナの105mmの絞開放で撮ると、浅い被写界深度とあいまって、まるで別の場所のように見えてしまいます。

デジタルは「記録」として撮るには実に便利ですが、「記憶」としてとどめるには、まだまだ役不足・・・
フィルム、特に中判フィルムにはかないませんね。

愛知県豊田市藤岡町 豊田市藤岡民俗資料館にて
Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Kodak Ektar 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-03-31 13:30 | Rusty Scene | Comments(6)
2011年3月29日 継続する石に囲まれた空間
b0175964_2105569.jpg

我家の裏の公園に設置された彫刻、"Continue Stone"です。
1990年度の彫刻フェスティバルでグランプリを受賞した池上奨さんの作品です。

この螺旋状に弧を描いた中の空間が好きで、中に何か他のものを入れて写真を撮りたくなってしまいます。
ちょうど東西に空間が開いているので、沈む夕日を入れて撮ったこともありますが、今回は公園のプロムナードで犬を散歩させている人とベンチを入れてみました。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Pentax 67
SMC Pentax 67 165mm/F2.8
Kodak Ektar 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-03-29 21:10 | Sculpture | Comments(2)
2011年3月25日 早春のクリスマス・ローズ
b0175964_1545173.jpg

クリスマス・ローズ・・・
「クリスマスに咲く薔薇」という意味の名前なんでしょうが、我家のクリスマス・ローズは2月末から3月になるとようやく咲き始めますね。
名前は体を表していないので、「ひな祭りローズ」のあたりのほうが正しい名前なんじゃないでしょうか。^^;

ばけぺんの中望遠165mmに接写リング#1を付けて寄ってみました・・・
あさ~い被写界深度が早春らしいぼんやりとした雰囲気を醸し出し、ファインダーを覗いているだけで気持ち良かったです。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Pentax 67
SMC Pentax 67 165mm/F2.8 with Extension Tube #1
Kodak Ektar 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-03-25 15:39 | Flowers & Plants | Comments(4)