Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
タグ:Pentax SMC Takumar 55mm/F1.8 ( 19 ) タグの人気記事
2017年10月12日 さまざまなガラスボトル
b0175964_10163958.jpg

ガラスボトルって大好きな被写体です。
透過する光と反射する光が綯交ぜになって、不思議な眺めになるからなんでしょうか。
特にお酒のボトルはどれもデザインが秀逸で、つい撮ってしまいますね♪

名古屋市中区大須にて
Asahi Pentax SP II
Pentax SMC Takumar 55mm/F1.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Naniwa ND-76 (1:1, 10.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
このさまざまなガラスボトルをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-10-12 05:00 | Still Life | Comments(4)
2017年10月6日 赤錆波板トタン上に映えるグラフィティ
b0175964_10534731.jpg

グラフィティと呼ばれる落書、都会ではよく見かけます。
コンクリートの壁に描かれているものが多いんですが、これは赤錆波板トタンに描かれていました。

ううむ、こういう悪戯はよくないとは思いつつ・・・
周りの昭和な風景に、意外にも溶け込んでいるのに唸っててしまいました。^^;

名古屋市中区大須にて
Asahi Pentax SP II
Pentax SMC Takumar 55mm/F1.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Naniwa ND-76 (1:1, 10.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この赤錆波板トタン上に映えるグラフィティをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-10-06 05:00 | Japanese Landscapes | Comments(8)
2017年10月3日 光蜥蜴と遊ぶ落葉
b0175964_1003332.jpg

街を歩くと、そろそろ落ち葉が目に付く季節になってきました。
この落ち葉さん、長くなり始めた午後の影と戯れていました。
「僕たちの季節が来たねえ」と言いたげでした。^^

愛知県豊田市にて
Asahi Pentax SP II
Pentax SMC Takumar 55mm/F1.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Naniwa ND-76 (1:1, 10.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この光蜥蜴と遊ぶ落葉をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-10-03 05:00 | Lights & Shadows | Comments(3)
2017年9月22日 秋の光蜥蜴が棲む街路樹
b0175964_0124246.jpg




b0175964_013197.jpg




b0175964_0132516.jpg




b0175964_0141031.jpg9月に入ってから、影が伸びて来ました。

光蜥蜴写真、撮りやすくなりますねえ♪

今週末はもうお彼岸・・・

昼夜の長さが逆転しますから、当然と言えば当然なのかも。

さて、本日のデジタル写真ブログでも書きましたように、Asahi Pentax SP IIを手に入れました。

9年ぶりに使ったPentax SPF、壊れちゃったからですね。

このSPFを直そうとも思ったんですが、今、オークションでフィルムカメラって、めっぽう安く手に入るんですよ。

このPentax SP IIも、なんと1,000円で落札できました。

あまりの安さに顎が外れそうになりましたよ。

早速試写完了・・・基本的に無問題でした。

露出計は、一段アンダーでした。

これは純正の1.35Vの水銀バッテリーじゃなくて1.5VのLR41を使っていますから、しょうがないですね。

シャッター速度にも、フィルム給装にも、モルトにも問題はありませんでした。

今後、M42レンズの母艦はこのPentax SP IIが担うことになりますね♪


愛知県豊田市にて
Asahi Pentax SP II
Pentax SMC Takumar 55mm/F1.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Naniwa ND-76 (1:1, 10.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この秋の光蜥蜴が棲む街路樹をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-09-22 05:00 | Lights & Shadows | Comments(8)
2017年8月10日 松竹梅で言えば松マイナス級の廃バス
b0175964_23262573.jpg

毎度おなじみの「シマシマの廃バス」夏バージョンです。
今年は葛蔦だけでなく、妙な夏草が生えておりまして、今まで見たことがないような威容になっておりました。
毎年、その夏草の茂り方を見てランキングを付けてますが、今年は松マイナス級を挙げても良いかな、って思います。^^
松プラスにならないのは、天井を覆う草が少ないからですね・・・本当の松プラスだと、バスが見えなくなります。^^;

b0175964_23264330.jpg

なお、今回使った機材は8年ぶりのPentax SPFPentax SMC Takumar 55mm/F1.8です。
それぞれのタグが8年ぶりに復活して、まことにおめでたいんであります♪
ところがぎっちょん・・・
悲しい事実が発覚してしまいました。

b0175964_2327062.jpg

上の2枚を撮ったあと、隣の田圃に行って、育ちつつある稲を撮ったんですよ。
現像してみたら、途中で素抜けになっていました・・・がーん。(-_-;)

b0175964_23271890.jpg

次のコマもこれです・・・フォーカルプレーンシャッターの不調なんでしょうか。
なんせ、最後に使ったのが2009年の秋ですからねえ・・・今は亡きNeopan 400 Prestoで撮ってました。
さすがに8年の年月はロートルカメラには厳しかったようです。

と言っても、残りが全滅してしまったわけではなく、36コマ中、5コマだけでした。
原因がまるでわかりません・・・この状態ではまともに撮影に使えませんから、現役は引退させるしかないでしょうね。
今後は、愛玩用のカメラとして、時々空シャッターを切って遊んでやるかなあ。

さて、せっかくM42が復活したのに、母艦がダメになったのはショックです。
今後のオプションとして、このSPFを修理するか、それとも程度の良さそうなSPIIあたりを購入するか、国産M42カメラの最終進化系のCHINON CS-4か、はたまたモダンなBessaflex、果てしなくやぐいロシア製KMZ Zenit 122あたりを手に入れるか・・・
悩ましいですね。

愛知県豊田市にて
Asahi Pentax SPF
Pentax SMC Takumar 55mm/F1.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Naniwa ND-76 (1:1, 10.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この松竹梅で言えば松マイナス級の廃バスをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-08-10 05:00 | Rusty Scene | Comments(10)
2009年11月23日 さりげなく守られている空間
b0175964_15534388.jpg


b0175964_15544775.jpg


b0175964_1555363.jpg


b0175964_15535950.jpg

住宅街の公園、チェーンがしてあることで、なんとなく外界から守られた空間に感じます。

車止めにすべてチェーンが張られているわけではないですから、バイクや自転車で闖入しようと思えばできないこともない・・・
でも、このチェーンの存在で、心理的に「そーゆーイケナイことをするべきではない」と感じてしまうのかもしれません。

心なしか、公園の中の樹木も「優しく守られている」ような雰囲気が漂っていました。

名古屋市名東区一社にて
Pentax SPF
SMC Takumar 55mm/F1.8
Neopan 400 Presto
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2009-11-23 16:13 | Seasonal Images | Comments(18)
2009年11月19日 葉を失いつつある欅
b0175964_17491338.jpg

欅の木って、葉の茂っているところもかっこいいんですが、葉を落としたところもかっこいいんですよね。
私も髪の毛を失いつつありますが、欅のようなわけにはいかない・・・ぐすん。T_T

b0175964_17492724.jpg


愛知県西加茂郡三好町大字三好 保田ヶ池公園にて
Pentax SPF
SMC Takumar 55mm/F1.8
Neopan 400 Presto
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2009-11-19 17:52 | Flowers & Plants | Comments(20)
2009年11月16日 実存的なゴミ袋
b0175964_1816331.jpg

「実存は本質に先立つ」・・・
時間の流れの中で、今ここで現実に活動している現実存在としての「ゴミ袋」は、ロゴス的・必然的な永遠の本質を否定された自由な実存として、予め生の意味を与えられることなく、不条理な現実のうちに投げ出された。

b0175964_18165046.jpg

いわば「自由の刑に処された」実存として、他者と入れ替わることの出来ない「ゴミ袋」としての生を生き、「ゴミ袋」としての死を免れることは出来ない。

このような生を、絶望に陥ることなく、いかにして充実させていくか・・・
それが、ゴミ袋にとっての課題であーる・・・なんちて。^^;

たわいもないものを撮ったとき、こういうペダンティックなキャプションをつけて韜晦してみたかっただけです。
あほらしい話にお付き合いいただき、すんませんでした。^^;

名古屋市名東区一社にて
Pentax SPF
SMC Takumar 55mm/F1.8
Neopan 400 Presto
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2009-11-16 18:25 | Still Life | Comments(22)
2009年11月14日 石仏のある参道にて
b0175964_20462955.jpg


b0175964_20465086.jpg


b0175964_20474090.jpg

覚王山は名古屋市東部丘陵地帯にある住宅街です。
地下鉄「覚王山」駅周辺は、賑やかでモダンな町並みが続きますが、日泰寺の参道を歩い北にすすむと、和の情緒の溢れたすてきな場所となってきます。

この奥に、揚輝荘という庭園があります。
9月初旬10月下旬に訪問しましたが、この楓をみるたびに、「こりゃ、紅葉の季節には間違いなく、素晴らしい眺めになるだろな~」と思っております。

で、本日の栄町オフの帰り道、なんとなくこの覚王山日泰寺付近で、紅葉撮影オフをやろうという話になりました。
いまのところ、11月29日(日曜日)を予定しています。

また改めて、集合時間や場所などを告知しますので、ふるってご参加ください。^^

名古屋市千種区法王町1丁目 日泰寺参道にて
Pentax SPF
SMC Takumar 55mm/F1.8
Neopan 400 Presto
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2009-11-14 21:00 | Lights & Shadows | Comments(19)
2009年11月9日 あの日にかえりたい
b0175964_1721279.jpg


この季節、西日に照らされるススキを見ると、荒井由美の「あの日にかえりたい」が頭の中に響いてきます。
どうやら、2番の中の歌詞、「光る風 草の波間を 駆け抜ける 私が見える」に反応してしまうようです。
  
この曲は、私が浪人中の1975年の秋にリリースされました。
勉強しなくてはいけないのに、夕方になるとなぜか行きつけのJAZZ喫茶に行ってしまい、仲間と一緒に乱痴気騒ぎをしてしまう・・・

そこはJAZZ喫茶の癖に、閉店間際にはJAZZをかけたことはいっさいなく、たいてい当時流行っていた日本語の歌をかけていました。
太田裕美の「木綿のハンカチーフ」とか、大橋純子の「ペーパームーン」、久保田早紀の「異邦人」、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」、丸山圭子の「どうぞこのまま」、そして荒井由美の「あの日にかえりたい」などなど・・・

これらの楽曲を酩酊状態にある常連客が合唱し、店を閉めた後、このJAZZ喫茶のマスターと常連客で近くの浪速苑という焼肉屋に繰り出してホルモン焼を食べてから家路につくというのが、1975年の秋から冬の思い出です。

b0175964_17212951.jpg

この頃、私が使っていたのが、この写真を撮ったのと同じカメラ、ペンタックスSPFです。
レンズはもっぱら24mmをつけて、このJAZZ喫茶のスナッパーとして、常連客の痴態を撮影したり、されたりしていました。

この頃撮った写真は、双子の弟、Xylocopalのブログや、このあたりに載っています。(髪の毛がまだふさふさしてたときの写真もあるなあ。^^;)

馬鹿馬鹿しくも懐かしい私の青春時代、今思うと恥ずかしいことばかりでした。
でも、「あの日にかえりたい」の歌詞、「青春の 後姿を 人は皆 忘れてしまう あの頃の私に戻って あなたに逢いたい」・・・が、今となっては、やたらに胸に刺さってくるんですよねぇ・・・^^

愛知県豊田市田籾町にて
Pentax SPF
SMC Takumar 55mm/F1.8
Neopan 400 Presto
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2009-11-09 17:54 | Seasonal Images | Comments(31)