Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
タグ:Rolleiflex 2.8C ( 278 ) タグの人気記事
2015年3月21日 早春の光を反射する鉄道高架
b0175964_1573876.jpg

3月も下旬となり、今日はいよいよ春分の日・・・今日を境に、どんどん日が長くなっていきますねえ♪
この鉄道高架は今月初旬に撮ったものですが、ステンレス板に反射する午後の陽射しも、今はずっと強くなっているんじゃないでしょうか。
かなり輝度差のある被写体なんですが、白黒フィルムだとあっさりと描写してくれますね。
これをデジタルで撮ろうとすると、相当にどアンダーに落とさないと、このステンレス反射板の質感は出ないんじゃないでしょうか・・・^^

愛知県豊田市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Ilford FP4 Plus 125 (EI 50)
Ilford ID-11 (Stock, 7 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-03-21 05:00 | Lights & Shadows | Comments(6)
2015年3月19日 用途不明印象絶大な田園放置物
b0175964_2055202.jpg

うちの近くの田園地帯、ときどき面妖なものが転がっているのに出くわします。
例えば、右手奥に転がっているのは、古いステンレス製の風呂桶でして、田園地帯では水を貯める容器として使われているものですね。

さて手前の物体です・・・まるで用途が想像がつきません。
四角い枠で構成された物体なんですが、よく見ると、車輪のようなものも付いているようです。
つーことは、これに収穫した野菜を乗っけて運ぶものだったんでしょうか・・・
それとも肥料などの重いものを運ぶために使われたものだったんでしょうか・・・

いずれにせよ、こういうものを見るとボキャ貧の私としては、例のシリーズに加えるしかなくなってしまうのですよね。^^;
そう・・・用途不明印象絶大な田園放置物なんであります、わはは。^^;

愛知県豊田市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Ilford FP4 Plus 125 (EI 50)
Ilford ID-11 (Stock, 7 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-03-19 05:00 | Rusty Scene | Comments(4)
2015年3月17日 比類なき耐久性を誇るキャミソール
b0175964_2026396.jpg

名古屋の裏町に佇むステンレス・スチールでできたキャミソールです。
実はこれ、今から2年前にもデジタルで撮ったことがあります・・・2年経っても、まるで経年変化がありませんでした。
SUSなら当然なんでしょうけどね。^^;

このオブジェ、オーナーさんの話によると、スタンリー・キューブリック監督の「時計仕掛けのオレンジ」にインスパイアされたものなんだとか・・・
確かにあの妖しい雰囲気、このオブジェにも活かされているような気がします。^^

名古屋市中区にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Ilford FP4 Plus 125 (EI 50)
Ilford ID-11 (Stock, 7 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-03-17 05:00 | Still Life | Comments(8)
2015年3月15日 人待ち顔の導水管バルブ
b0175964_23155589.jpg

愛知県、3月中旬ともなると日中の最高気温は12~15度ぐらいになってきて、日なただとあきらかに熱を感じるようになってきます。
こちらは、うちの近くでよく見かける導水管の上に設けられたエア抜き用のバルブさんです。
導水管が長いと、空気圧の影響でなかなか水が流れてくれないらしく、このバルブでエアを抜いて、通水しやすくするものなんだとか・・・
いよいよ春の訪れ、「早く誰か来て水を通してくれ~♪」と言っているような風情なんでありました♪

愛知県豊田市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Ilford FP4 Plus 125 (EI 50)
Ilford ID-11 (Stock, 7 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-03-15 05:00 | Rusty Scene | Comments(8)
2015年3月13日 弥生の光を愛でる舶来自動二輪
b0175964_19574624.jpg

如月のはかない光とは明らかに違う弥生の光・・・鋭さや力強さはまだありませんが、明るさがあります。
この光を描写するにはうってつけの被写体が、こういう舶来自動二輪なんであります。
クロムメッキのグラデーションが滑らかで気持ちが良いですね~♪
思わず、「白黒フィルム、万歳!」と言いたくなります。^^v

名古屋市中区にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Ilford FP4 Plus 125 (EI 50)
Ilford ID-11 (Stock, 7 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-03-13 05:00 | Lights & Shadows | Comments(8)
2015年3月8日 早春の光に戸惑う雨どい
b0175964_14104062.jpg

名鉄豊田市駅と愛知環状鉄道の新豊田駅、ペデストリアンデッキで結ばれてます。
そして、そのデッキの上には雨の日でも傘を差さないですむように、屋根の付いた通路が設けられています。
これはその通路の上の透明な屋根と、そこに設けられた雨どいを撮ったものですね。

おそらく・・・この雨どい、写真の被写体になったのは初めてなんじゃないでしょうか。^^;
「え゛・・・俺を撮るの?俺でいいの?」と戸惑っているように見えたんであります。

いやいや、確かに君を撮ってはいるけどねえ、ほんとに撮りたいのはそこにギラリと輝いている早春の陽射しなんだよ^^;
わざわざ常用感度の白黒フィルムIlford FP4+ 125をEI50に減感して撮っているのは、この光を飛ばさずに撮りたいからなんだよ・・・

そんなことは説明できないので、「うんうん、君でいいんだよ♪ 俺が撮りたいのは君なのさ・・・」となだめすかして撮りました。
純情な雨どいをだまくらかして、ひどい奴なのだ~。^^;

それにしても白黒フィルムのハイライトって、本当に粘りますねえ、確信犯とは言え、現像・ポストプロセスを終えて思わずにんまりでした。^^v
デジタルだったら絶対にこんな風には写らないんであります♪

愛知県豊田市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Ilford FP4 Plus 125 (EI 50)
Ilford ID-11 (Stock, 7 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-03-08 05:00 | Lights & Shadows | Comments(4)
2015年3月6日 春を待つ素足
b0175964_13532997.jpg

名古屋の目抜き通り、大津通で見かけたマネキンさんです。
すでに春全開ですねえ、まだ冷たい早春の大気の中で、素足でがんばっているんでありました♪
ファッション業界は、本当の季節より1か月以上進んでいるのが当たり前なんですね。
春を予感する瞬間なんでありました。^^

名古屋市中区にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Ilford FP4 Plus 125 (EI 50)
Ilford ID-11 (Stock, 7 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-03-06 05:00 | Seasonal Images | Comments(12)
2015年3月4日 嘆きの錠前
b0175964_22134485.jpg

うちの近くの山林の中で見かけたゲートです。
右半分が大きく破壊されております・・・どうしてこんな形になってしまったんでしょう。
私の想像では・・・
このゲートの中に侵入しようとした人物が、鍵の開錠などはなから無視してゲートを破壊し、無理やり中に侵入したんじゃないかと思います。

無視されてそのまま残っている鍵が無念そうでした。
「こんな荒っぽいやり方で侵入するなんて、想定外だ・・・侵入者をふせぐことができなくて情けないよぉ・・・俺の立場がないよぉ・・・(泣)」
この錠前、まじめで純情なんでしょうねえ、かわいそうなんでありました。

愛知県豊田市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Ilford FP4 Plus 125 (EI 50)
Ilford ID-11 (Stock, 7 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-03-04 05:00 | Rusty Scene | Comments(12)
2015年1月22日 不審者を惹きつける用途不明印象絶大なバルブ
b0175964_15464453.jpg

私の大好きな「用途不明印象絶大」な被写体です。
配管と言うのが正しいのか、バルブと言ったほうがよいのか・・・う~ん、よくわかりません。
こういう被写体を見ると、ついつい「用途不明印象絶大」というシリーズに加えてしまいたくなるんであります。^^;

ちなみに、これを撮っていたら、この機械のあるオフィスで働いている人が出てきて、「何をしてるんですか?」と聞かれてしまいました。
で・・・明るく爽やかに、「はい、このちょー複雑なバルブが形作る光と影を撮影しているんです♪」と答えましたよ。^^;
そうしたら、「ああ、そうですか、わかりました♪」と、明るく爽やかな返事をいただきました。^^v

いや~、拍子抜けしました・・・でも昨今は、みょーちくりんなものを撮りたがる人の存在って、意外に認知されているのかもしれません。^^;
でも、「いや特になにも・・・」なんてあいまいなことを言ったら、不審者通報されたかもしれませんね、わはは。^^;

愛知県豊田市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Microfine (Stock, 10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-01-22 05:00 | Lights & Shadows | Comments(11)
2015年1月16日 多面的に再配置された冬雲
b0175964_1925894.jpg

某予備校の窓に映った冬雲です。
弧を描く鏡面が面白くて撮ってみました。
実際にはこんなにコントラストは強くなかったんですよ・・・でも、より雲を効果的に描き出すため、コントラストを強調してみました。
これ、昨年の年末に「フィルム現像体験会」をやったときの一コマですね。
その時にご参加された方々は、私がポストプロセスの際にどんだけインチキをやってるか、よ~くお分かりになったと思います。
白雲のコントラストを強化するために、明瞭度スライダーを目いっぱいに右寄せ、予備校の看板は目立つとうるさいので焼きこみ・・・^^;
写真とは「真を写す」ものではないのだ~、自分の欲しいイメージを創り上げるものなのだ~。^^;

愛知県豊田市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Microfine (Stock, 10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-01-16 05:00 | Lights & Shadows | Comments(4)