Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
タグ:Rolleiflex 2.8C ( 243 ) タグの人気記事
2014年10月27日 神無月の光あふれるガーデンテラス
b0175964_2155918.jpg

Rolleiflex 2.8Cの二本目のロールです・・・今回はKodak T-MAX 100よりクラシックなIlford FP4 Plus 125を使ってみました。
出かけた先は、我が町内のショッピングエリアのひとつ、三好ヶ丘ガーデンテラスです。
これは珈琲屋 らんぷ」さんの外壁ですね・・・ここ、スパニッシュな雰囲気の外観なので、白黒フィルムで撮ってみたかったんです。
Xenotar 80mm/F2.8、絞り込むとキリリとした良い描写をします。
その昔、東大の小穴教授が行った実験により、日本のカメラ業界に「クセノタール・ショック」を引き起こしたという切味、いまだに健在でした。

b0175964_21552399.jpg

らんぷさんの奥にある雑貨屋さん、SundayMama カンパーニュ店さんの前にやってきました。
店頭で、絞を開けて開放F2.8で撮ってみました・・・深度の浅さが際立ってきます。
このシーン、壁までの距離は短いんですが、それでもこのぐらいのボケが生まれて立体感が出て来ますね。
Rolleiflex 2.8と言えば、Carl Zeiss Planar 80mm/F2.8が人気なんですが、Xenotar 80mm/F2.8だって良いボケをするんであります。^^

b0175964_21553525.jpg

再び絞ってみました・・・EI50で撮っておりましたので、F11で1/50ぐらいだったでしょうか。
このXenotar、80㎜なので以前から所有しているRolleiflex Automat MXのTessar 75mmに比べるとやや狭いです。
でも、135判に換算すれば41mmと44mmの違いでしかなく、基本的にどちらも広角寄りの標準レンズです。

ちなみに、ここでセールを物色に来た相方に遭遇・・・おお、絶好のポートレート・ロケーションなんであります♪
すかさず「モデルをやってくれない?」と頼みましたが、「だ~め!」と、あっさりと拒否されました。^^;
ちゃんと準備をしてからじゃないと嫌なんだそうです・・・うう、姉上に比べるときついのだ~。^^;

b0175964_21554837.jpg

再び絞開放F2.8です・・・日の当たるトルソーに合わせるなら、EI50での標準露出はF4で1/500です。
でも、室内のシャドウのディテイルも出したかったので、F2.8の1/250で撮りました・・・標準露出より2段オーバーです。

白黒ネガフィルムって凄いですね・・・2段オーバーでも、スキャンするときにギリまで拾ってやればハイライトが飛びません。^^;
ちなみに3枚目の写真でも、店内は潰れずに写っております。^^v

こういう輝度差の激しいところで撮ると、デジタルってまだまだダメなんですよね。
RAWでアンダーに落として撮って、その後Adobe Lightroomで覆い焼きをしてやっても、ここまで再現はできない気がします。
ううむ・・・それをあっさりとやってのける白黒フィルム、いまだに偉大なり♪

愛知県みよし市ひばりが丘2-1-5 ガーデンテラス SundayMama カンパーニュ店にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Ilford FP4 Plus 125 (EI50)
Ilford ID-11 (Stock, 7 minutes at 22 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.6
[PR]
by noblivion | 2014-10-27 05:00 | Lights & Shadows | Comments(8)
2014年10月26日 神無月の畑にて - Rolleiflex 2.8C試写#2
b0175964_20104093.jpg





b0175964_19575339.jpg





b0175964_20105256.jpg


昨日に引き続き、新兵器のRolleiflex 2.8Cの試写写真です。
義姉を撮った後、近所の田園地区に散歩に出かけて来ました・・・この地区は小高い丘の上にあり、見晴らしの良い場所なんであります。
たまたまこの日は雲がどんよりと地平線にたなびくお天気で、ビザールな雰囲気が立ち込めておりました・・・大魔神が出そうなムードでした。^^;
神様は出雲に出張月間ですが、大魔神って、あれ、神様じゃないのかな・・・^^;

せっかくのシュナイダー・クロイツナッハ・クセノター80mm/F2.8ですから、3枚とも絞F2.8開放です。
あ、クセノターは絞ってもTessar並みにご機嫌ではありますけどね。^^

ううむ、Mamiya Sekor DS 105mm/F3.5のヘリアー系まったり描写と似ています・・・茫洋としたボケがたまらないのだ~♪
Xenotar 80mm/F2.8、人物を撮ると素晴らしいのはよくわかりましたが、猫車・サトイモ・自転車を撮っても凄いんです~。^^v
ボケの中にす~っと浮き上がってくる存在感、中判真四角画面ならではの箱庭的小宇宙が楽しめます♪

愛知県みよし市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Kodak T-MAX Professional (EI100)
Kodak T-MAX Developer (1:4, 7 minutes at 22 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.6
[PR]
by noblivion | 2014-10-26 05:00 | Still Life | Comments(10)
2014年10月25日 真四角構図の義姉 - Rolleiflex 2.8C試写
b0175964_21353949.jpg






b0175964_21355283.jpg






b0175964_2136624.jpg


デジタル写真ブログでも書きましたように、人物写真用の新兵器としてRolleiflex 2.8Cを導入しました。
オークションで落札したこの個体が到着した時、たまたま自宅に義姉が来ていたので、彼女にモデルをお願いしてポートレートを撮ってきました。
義姉は長い間ずっとポルシェに乗っておりましたが、最近AudiのTTクーペに乗り換えました。

ちなみに義姉は独身です・・・誰か良い人はおりませんか♪
義母が亡くなってしまったため、今は広いおうちに一人住まいなんであります。
趣味はゴルフ、かつてはレッスンプロをやっていたほどの腕前です・・・また、ジェルネイルも素晴らしい技術を持っております♪
ちなみに、彼女は今、中判カメラに興味津々・・・なので、三枚目は私のRolleiflex Automat MXを小道具に持ってもらいました。
「こういうカメラ、かっこよくて良いわねえ・・・ハッセルって言うのもいいわねえ・・・使ってみようかな・・・」と、頼もしいことをおっしゃっておりました。^^v

Cちゃん、モデルをどうもありがとうございました~、また今度ゆっくりと撮らせてね~♪

今回は曇天だったので、Kodak T-MAX 100はデフォルトのEI100で使ってみました。
この三枚、絞F2.8の開放、シャッター速度は1/250だったと思います。
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8、さすがに良い仕事をしますねえ・・・柔らかさの中にもシャープさが際立ちます♪
ポートレート用には実に使いやすい描写のレンズなんであります。^^

なお、このレンズの名誉のために言っておくと、このレンズ、開放でもひどい周辺減光はしません。
私の好みで、Adobe Lightroomでてんこもりに周辺減光させているだけなんであります・・・あ、そこ、じゃあダイアナとかホルガを使え、などと言わないよう。^^;

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Kodak T-MAX Professional (EI100)
Kodak T-MAX Developer (1:4, 7 minutes at 22 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.6
[PR]
by noblivion | 2014-10-25 05:00 | Portraits | Comments(11)