Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
タグ:SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4 ( 35 ) タグの人気記事
2016年6月15日 まだそんなに暑苦しくなく絡む輩
b0175964_22295353.jpg

初夏ともなると、蔓蔦の勢いも徐々に勢いが出てきます。
でも、梅雨明け以降のような圧倒的、暴力的な勢いはまだありません。
このぐらいで終わってくれれば暑苦しくなくてよいのですが・・・
今年はラニーニャ現象絶賛発生中らしいので、そうはいかんのでしょうえねえ。^^;

さて、明日の6/16(木)から6/27(月)まで、私の還暦記念と結婚25周年イブを兼ねてドイツ旅行に行ってきます。
帰って来るまで、しばらくこのブログもお休みとさせていただきます・・・すみません。

愛知県瀬戸市にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
ADOX CMS20 II (EI 20)
ADOX ADOTEC II (10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
このまだそんなに暑苦しくなく絡む輩をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-06-15 05:00 | Seasonal Images | Comments(10)
2016年6月8日 斜交するコンポジション
b0175964_20225933.jpg

砕石工場の斜交するベルトコンベヤーが面白くて、それを構図しようとしていたら・・・
左上から飛行機雲が現れたではありませんか。
こりゃちょうど良いチャンスとばかりに、飛行機が右下に行くまで待ってシャッターを押しました♪
写真の神様は時々、面白いシャッターチャンスをくださるものですねえ。^^

愛知県瀬戸市にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
ADOX CMS20 II (EI 20)
ADOX ADOTEC II (10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この斜交するコンポジションをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-06-08 05:00 | Japanese Landscapes | Comments(8)
2016年6月4日 潜在的アナーキストを刺激する積層合板
b0175964_2021281.jpg

草むらに放置されたパレット・・・そこの上に置かれているのは積層合板のようでした。
もう接着剤なんかとっくに効果がなくなってしまってるんでしょうね、それぞれの板が勝手な方向を向いて反り返ってました。
こういう野放図な眺めを見ると、無意識のうちに、つい撮りたくなってしまいます。
自分の中のアナーキーな何かが刺激されるんでしょうか。^^;

愛知県瀬戸市にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
ADOX CMS20 II (EI 20)
ADOX ADOTEC II (10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
このアナーキーに反り繰り返る積層合板をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-06-04 05:00 | Rusty Scene | Comments(10)
2016年5月31日 思わずわけを知りたくなる告知板
b0175964_2114223.jpg

不法投棄を防ぐために、「ごみを捨てないでください」と書かれた告知板は結構目にすることも多いです。
たいていは、シンプルなボードに書いてあります。
でも、この告知板は・・・うむむ、なんでこんな形状なんでしょうか。
「ね、ね、どーしてこんなカタチをしてるの?おせーておせーて」と、いわくを聞きたくなってしまうんでありました。^^;

愛知県瀬戸市にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
ADOX CMS20 II (EI 20)
ADOX ADOTEC II (10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
このいわくありげな告知板をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-05-31 05:00 | Snap Shooting | Comments(10)
2016年5月23日 角砂糖を夢想する路傍のコンクリブロック
b0175964_20244923.jpg

「俺は武骨なコンクリの塊だからなあ、誰も近寄ってきてくれん・・・しくしく。」

「もし、俺の身体がこんな強面のコンクリじゃなくて砂糖でできていたら・・・」

「きっと角砂糖みたいに見えるじょ、もっともてるかも、うひひひひ。」

「いやいや、甘いのはその考え方だけかも。寄ってくるのはアリンコばかりに違いない。」

「でも、誰も寄ってきてくれないのは、あまりに寂しいよぉ・・・めそめそ。」

などと、路傍の草むらでコンクリの立方体が嘆いていたので、写真を撮ってあげることにしました。^^

愛知県瀬戸市にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
ADOX CMS20 II (EI 20)
ADOX ADOTEC II (10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この角砂糖を夢想する路傍のコンクリブロックをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-05-23 05:00 | Japanese Landscapes | Comments(12)
2016年5月20日 おのれの本能に覚醒した蔓蔦
b0175964_22302748.jpg

GWも終わり、初夏の日差しがまぶしい季節となってきました。
春先はまだオトナシメだった蔓蔦も、いよいよおのれの本能に覚醒し、ゆらりゆらりとその蔓を空中に揺らし始めました。
どっかに絡みつきたくてしょうがないんでしょうねえ、こいつ・・・^^;

さて、久しぶりにばけぺんで撮ってみました。
レンズを装着すると2Kgを超える重量級のカメラなので、めったに使わなくなりました。^^;
それでも1年に一回は使ってやらないとかわいそうなので、今回は手術後のリハビリを兼ねて使ってみました。
やはり、めっちゃ重かったです。^^;

フィルムは、皐月の樹さんにお誕生日プレゼントとしていただいたADOX CMS20IIを装填しました。
現像液は先月作った溶液を使ったんですが、思ったよりヘタリが強かったようです・・・どアンダーになってしまいました。
ほんとは2本続けて現像するのがお約束の現像液なので、当り前っちや当たり前なのかも。^^;

いや、初夏ゆえに液温が22度もあったのですよ。
なので、前回と同じ10分でやれば、「二回目は10~15%長めの現像時間」と言うのにマッチするかなと思ったんですが・・・^^;
素抜けの目立つ透明感あふれるネガが出来上がりました・・・うむ~、あと2~3分、押してやるべきだったかも。

しかし、アンダーに落ちると、このフィルムは本来のコピーフィルムとしての特性をむきだしにしてきますね。
めっちゃコントラストが高いです。

スキャナにかけると、ネガフィルムのトーンカーブには見えません・・・シャドウがすとんと落ちるリバーサルフィルムのそれです。
しかもリバーサルフィルムよりもラチチュードは狭そうで、10階調ぐらいしかないんじゃないでしょうか。^^;
でも、それゆえに、夏の日差しを描写するには向いているのかもしれません♪

愛知県瀬戸市にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
ADOX CMS20 II (EI 20)
ADOX ADOTEC II (10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
このおのれの本能に覚醒した蔓蔦をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-05-20 05:00 | Seasonal Images | Comments(10)
2015年6月18日 慶長の甍
b0175964_1995111.jpg

『天平の甍』(てんぴょうのいらか)と言えば、井上靖さんの歴史小説ですね。
遣唐使で大陸に渡った留学僧たちの運命を描く大作なんであります。

でも、こちらは長浜にある「長浜御坊」こと、大通寺さんの屋根なんであります。
このお寺もそれなりに古くて、創建されたのは慶長7年(1602年)なんだとか・・・
はたしてこの瓦が慶長年間に焼かれたものかどうかはわかりませんが、ついついタイトルで遊んでしまいました。^^;

滋賀県長浜市元浜町32-9 長浜別院大通寺にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Neopan 100 Acros (EI50)
Naniwa ND-76 (1:1, 9 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Postprocessed by Adobe Lightroom CC
[PR]
by noblivion | 2015-06-18 05:00 | Japanese Landscapes | Comments(10)
2015年6月13日 黒板塀を横切る配管
b0175964_22152794.jpg

滋賀県の長浜市、黒板塀の懐かしい住宅が並んでいることで有名です。
こちらはそんな黒板塀のひとつなんですが、画面右側、フォーカスのあっているところにあるのは・・・これ、なんの配管でしょうかね?
見たところ、バルブ上のものがついているので、ガス管かな・・・と思うのですが・・・う~ん、自信がありません。
古い民家だと、壁の内部に配管を通すのが大変なので、このようなカタチになるのでしょうか、ねえ。^^

滋賀県長浜市にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Neopan 100 Acros (EI50)
Naniwa ND-76 (1:1, 9 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Postprocessed by Adobe Lightroom CC
[PR]
by noblivion | 2015-06-13 05:00 | Snap Shooting | Comments(5)
2015年6月9日 なつかし系チャイルドシート
b0175964_2155785.jpg

この自転車のサドルの後ろに付けられたもの、これってなんでしょうか・・・
私の眼には子供を載せるための特製座席のように見えたんです・・・細工の雰囲気からすると、かなり古めかしいですね。
きょうびのチャイルドシートなら、プラスチックでちゃっちゃと作ってしまいそうなんですが、これはどうやら金属製、結構ごついです。
いいなあ、こういう手間のかかった製品って・・・
でも、子供にとって乗り心地が良かったかどうかは、未知数なんであります。^^;

滋賀県長浜市にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Neopan 100 Acros (EI50)
Naniwa ND-76 (1:1, 9 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Postprocessed by Adobe Lightroom CC
[PR]
by noblivion | 2015-06-09 05:00 | Snap Shooting | Comments(11)
2015年6月4日 真実を宿すオーニング
b0175964_20362458.jpg

長浜の黒壁地区にあるイタリアンのお店のオーニングです。
明るい日差しを受けて綺麗だったので撮ってみました・・・デジタルだと相当アンダーに落とさないとうまく撮れませんが、フィルムは簡単ですね。
「ばけぺん」の露出計は平均測光なので、こういう明暗が混じった被写体には強いです・・・出目の通り撮って、適正露出でした♪

このお店の名前はOsteria Veritaさんと言うようです・・・「真実の大衆食堂」って感じでしょうか。
Veritaと言うと、映画「ローマの休日」に出てきたBocca della Verità「真実の口」を思い出します。
そう、手を口に入れると、偽りの心がある者は手を抜く時に手首を噛み切られる、或いは手が抜けなくなるという伝説のあるアレですね。

お茶目なグレゴリー・ペックは「おいらは邪心があるんだよ」とばかりに、手が抜けなくなる迫真の演技をしてましたねえ♪
それを見て、当時新人だったオードリーは本気で怖がり、泣き出してしまったんだとか・・・その結果、ワンテイクでOKが出たそうです。^^

滋賀県長浜市元浜町12-38 ヴェリータ 北ビワコホテル グラツィエ 直営店にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Neopan 100 Acros (EI50)
Naniwa ND-76 (1:1, 9 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Postprocessed by Adobe Lightroom CC
[PR]
by noblivion | 2015-06-04 05:00 | Lights & Shadows | Comments(4)