ブログトップ

Silver Oblivion

黒顔羊フォトギャラリー、フィルム写真別館です。自家現像白黒フィルム写真を毎日更新しています。


by Nob, a.k.a. blackfacesheep
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2009年10月10日 柿ノ木に映える秋の落日

b0175964_16425189.jpg



b0175964_16432091.jpgチェコ製のフィルム、FOMAPANを使ってみました。

このフィルム、感度はISO100、200、400と3種類ありますが、今回ばけぺんに詰めてみたのは、ISO200 Creativeというものです。
3種類の中で一番コントラストがきついらいしく、それで"Creative"という名前がついてるのでしょうか。

現像が上がってきて、びっくりしました・・・^^;
まず、フィルムベースが綺麗な水色なんですね。
120のフィルムベースは、グレーとかパープル系もしくはクリアが多いんですが、こんなブルーは初めてでした。

また、カーリングがものすごいです。
スリーブの中でさえ、くるんくるんになりそうなぐらいです。

また、フィルム乳剤の表面が柔らかいのか、すごく傷が付きやすく、また埃もくっつきやすいようです。
なので、スキャンした後のレタッチ、スタンプツールでの傷消し、ゴミ消しが大変でした。^^

ラチチュードも狭いようで、適正露出から外れるとシャドウはつぶれ気味になりますし、ハイライトも飛び気味になります。
粒状も、かな~りザラいです。
ISO400の"KodakT-MAX400(TMY)"や"Ilford XP2 Super 400"より粗く、Neopan 400 Prestoにも負けてる感じ・・・

こうして見ると、いかにKodak, Ilford ,Fujiのフィルムが優秀なのか、よくわかります。^^;

ただ、味わいは悪くないですね。
古典的なフィルムの雰囲気で、昔のトライXに似ています。
コントラスト強め、粗粒子、エネルギーを感じさせるシャドウ・・・

中判で露出オーバー気味に写して、軟調気味なスキャンとレタッチにすると、モダンなフィルムには写せない懐かしいような写りになりました。
これはこれで良いのではないでしょうか。


愛知県豊田市小原町にて
Pentax 6x7 "Bakepen"
SMC Pentax 6x7 165mm/F2.8
Fomapan 200 Creative
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
Commented by kgr2007 at 2009-10-10 18:32 x
こんばんは。

ネット通販でちらほら見かけるフィルムですね。
現像後の水洗時の温度が関係するんでしょうか、私もカーリングには悩まされます。
ただしパトローネに巻いてある方向のカールではなく、それと直角方向のカール。
6コマずつ切ってネガ袋に入れ終わると、全体がトタン板みたいになるんです(笑)。
べとつきは最後の乾燥がまだ不十分な状態だと起こりますが、どうもそれとは違うようですね。
しかしこの写真、絵作りとしては良いと思います。
大手メーカーのフィルムの出来が良すぎるのかもしれませんね。

…実は軽トラにBONNIE AND CLYDEが乗ってたりして(^^)。
Commented by blackfacesheep at 2009-10-10 19:10
kgr2007さん、こんばんは。^^
ネット上の情報を見ても、このフィルム、カーリングのことをよく言われてますね。
ところが、同時に現像に出した135判のISO400の方はフラットなんですよね~、不思議です。^^;
スキャンはしにくいフィルムですが、出てくる画は悪くないから許せます。^^v
しかし、ボニーとクライドですか・・・懐かしい、「俺たちに明日はない」を思い出します。
フェイ・ダナウェイとウォーレン・ビーティ、かっちょ良かったです。
となると、この軽トラ、最後にはマシンガンで穴ぼこだらけになるわけですね。^^;
Commented by gohda_takeshi at 2009-10-10 21:06
こんばんは~!(^o^)/

フィルムってほんと色んな種類があるのですね~!でも考えれば
各国の国産フィルムがあってもしかりでしょうか(笑)

しかしこういったフィルムはどこから入手されるのでしょうか?
やっぱネットなのかなぁ・・・。

ラチチュードの狭いフィルムは露出に苦労しそうですがドンピシャ
にハマるときっと素晴らしい描写をするのでしょうね(^_-)-☆

こういったフィルムを現像に出す時はラボに何か注文をしたりする
ものなのですか?それとも普通にモノクロフィルムとして現像して
もらうのですか?
Commented by きの at 2009-10-10 21:22 x
フォマパンは中判でしか使ったことがありませんが、シャドウがつぶれ易くハイライトが飛び易いというのは本当ですね。フォマパンウルトラ400もクリエイティブ200と同様です。フォマパン100になると可也その辺が改善されるようで、確かに飛ばない・潰れないとはなりませんが、白黒のはっきりした被写体だと結構モダンなくっきりしたイメージの仕上がりになります。ブルーのネガには僕も最初は驚きましたね。傾向が単純で分り易いので、いつどんな変化球がくるのか解り難いローライよりは使いやすいと思います。実はCreative200だけ1本手元に残っているんですが、何を撮ろうか迷うところです。昼間のポートレイトか、サファリパーク(シマウマ)かな?(笑)
Commented by macorrin at 2009-10-10 21:32
6X7なので粒状は気になりませんねー。35mmだともっと粒状感が出るんでしょうね。
しかし色んなフィルムに次々チャレンジされてて楽しそうです。
東欧圏の製品ってだけで何か興味津々ですが、実はヨーロッパの街並みを撮ったらスゴかったりして。
ちょっと変わったフィルムだと、いつも行くDPE店の店員がけっこう考え込んだりしてますから
これを持っていったら「えーっとこれは?」とか言われそうです。
Commented by c-saoriori at 2009-10-10 21:38
こんばんは。
何でしょうね・・・いいな~ こちらの風景
田舎を思い出しました。 北海道なので柿の木はないけど
言葉での表現が苦手で・・・すみません。
Commented by daisiweblog at 2009-10-10 22:05
良い写真ですね。
右のトラックが効いているなぁ。

フォマパン200って、昔のまま、何も変わっていないということですね。
古~いレンズと組み合わせると楽しいカモ。
今度はSP+タクマーでどないです?(^^)
Commented by noblivion at 2009-10-10 22:29
ジャイアンさん、こんばんは。^^
このフィルムは、友人にもらったフィルムなんです。
以前から興味のあるフィルムだったので、嬉しがって早速使ってみました。
ポジまでは気難しくないですが、ラチチュードの広いイルフォードXP2なんかに比べると、ほんとに狭い~。^^
現像は、な~んにも指定しませんでした・・・
アマノに持って行って、「モノクロのネガ、120で現像だけ!」って言うだけです。^^v
Commented by noblivion at 2009-10-10 22:32
きのさん、こんばんは。^^
このフォマパン、昔のISO400のフィルムを思い出しますね。
ラチが狭くてコントラスト高め・・・
本当はアンダー気味で撮って粒子を出しまくると面白いフィルムなのかもしれません。
しかし、ローライってそんなに気難しいフィルムですか・・・
高すぎてまだ手を出しかねてますけど、ISO25のフィルムは興味ありますよ。^^v
Commented by noblivion at 2009-10-10 22:36
マコリンさん、こんばんは。^^
6X7、確かに粒子の粗いフィルム使っても、気になることは皆無ですね。^^
こういうノスタルジックなフィルム、多分ご当地のプラハで撮ると最高かもしれません。
アマノに現像を頼みましたが、こっちが変なフィルムばかり持ち込むので、最近は何にも言わなくなりました。
とりあえずD76の標準現像でやっとこうか・・・って感じなのかもしれません。
Commented by noblivion at 2009-10-10 22:38
c-saoriori さん、こんばんは。^^
あはは、言葉で表現できないことなんて、しょっちゅうです~。^^;
ちょっと懐かしいような雰囲気に写ってて、郷愁を誘うのかもしれませんね。
北海道、柿の木もないし金木犀の木もないんだそうですね・・・寒いのかなあ、やっぱり。^^
Commented by noblivion at 2009-10-10 22:41
daisiさん、こんばんは。^^
たまたま逆光で柿の木を狙ってたら、軽トラがやってきましたので、迷わずパシャ・・・
あ、ばけぺんですから、「ぼっちょ~ん!」って感じのシャッター音でしたねえ。
FOMAPAN200、確かに古いカメラやレンズと相性が良さそうです。
今度、お勧めのようにSPFに入れてみましょうかね。^^
Commented by catnip1007 at 2009-10-11 01:43
へえ~~~
ホコリが付いちゃうってのはちょっと、困りものですね~
でも、できあがりが気に入ればすべてヨシになってしまいますよね(笑)
色んなフィルムが楽しめていいですね~
Commented by PTAN-YO at 2009-10-11 07:23
おはようございます。^^

おお、ノブさんのFOMAPANの写真が登場ですね。すっごく楽しみにして
いたんです。(*^-^*)

夕暮れ時の光が柔らかで優しく風景を包み込んでいるのがとても心地良
いし、なんだか懐かしさも感じられて温かな気持ちになれます。それに、
柿の葉の夕陽に透けた感じがとても美しくて、走り去る軽トラもとても印
象的で、すごく心に残る素敵な一枚ですね。この写真も、とっても好きで
す。(*^^*)

こうして見るとそんなに粒状感も感じられずシャドウにも深みがあって切
れのある描写で、FOMAPANってすごく素敵なフィルムなんですね。カ
ーリングがすごいのと傷とゴミが着きやすいってのが玉に瑕だけれど、こ
んな素敵な写りを見せてくれるならぜひ使ってみたくなっちゃいます。ノブ
さんの他のFOMAPANの写真もすごく楽しみにしていますね。^^v
Commented by いけみ at 2009-10-11 08:52 x
なんか、そこはかとなく秋なお写真ですね♪
ほんと、中判の季節ですわ〜(笑)
わたしもなんか撮りに行ってきます(^_^)
Commented by blackfacesheep at 2009-10-11 11:59
きゃっとにっぷさん、こんにちは。^^
フィルムをスキャンするとき、埃の付きやすいのは後処理が大変ですね~。
コダックやネオパンは比較的付きにくく、さすが大メーカーは違うなって、思いますよ。
このフォマパン、フィルムの材質には難ありですが、昔のフィルムって、みんなこんなもんでした。
懐かしいテイストが欲しいときには良いフィルムだとおもいますよ。^^v
Commented by blackfacesheep at 2009-10-11 12:02
ぴーたんさん、こんにちは。^^
フォマパンのご提供、ありがとうございました~、早速使ってみましたよ。
フィルムの材質も、写った感触も、実にレトロでしたねえ。^^;
写りはなかなか楽しめました・・・用途によってはかなり使えそうです。
ハンガリーにもFORTEPANというフィルムがあるんですが、やっぱりレトロな品質、写りなんでしょうかね。^^;
Commented by blackfacesheep at 2009-10-11 12:04
いけみさん、こんにちは。^^
はい、夕方の光線が実にレトロで秋に写ってくれました。^^v
涼しくなってきたので、大柄な中判カメラを使っていても汗かかなくてもすみますね~。
ぜひ秋らしいニャンコ写真、モダンな蛇腹カメラで一杯撮ってくださいね~。^^v
Commented by きの at 2009-10-11 21:34 x
ローライで一般的な現像液で大丈夫っていうのはISO400(RETRO)だけだって言われました。専用現像液か、それに近いもので現像できるラボ(要事前確認)があればいいのですが・・・・・。 ISO25はサンプル写真みましたが、凄い描写です。ヌードとか撮りたくなりますよ、きっと。
Commented by amselchen at 2009-10-12 01:21
一枚目、『馬鹿丸だし』シリーズを思い出せる郷愁にみちた絵柄です。なんだか抱きしめたいほどの写真です(・w・)V
Commented by noblivion at 2009-10-12 14:58
きのさん、こんにちは。^^
お~、ローライのフィルムってやっぱりデリケートなんですね。
ISO25のPan25、恐るべきフィルムですね~。
Flickrで私も見ましたが、光と影のグラデーション、気が遠くなりそうでした・・・
あれでヌード撮ったら気持ちええだろうなあ。^^v
Commented by noblivion at 2009-10-12 15:02
アムゼルさん、こんにちは。^^
お~、そんなにお気に召していただいて、本当にありがとうございます。^^
中判で撮る夕景って、デジタルはもとより135判フィルムでは出ない味わいがありますね。
これもフレア気味の逆光がとても綺麗で、ファインダーを覗いているだけで幸せになりました。
欲を言えばもっと粒子の細かくてラチの広いフィルムで撮りたいシーンでした。^^
by noblivion | 2009-10-10 17:03 | Seasonal Images | Comments(22)