ブログトップ

Silver Oblivion

黒顔羊フォトギャラリー、フィルム写真別館です。自家現像白黒フィルム写真を毎日更新しています。


by 黒顔羊
プロフィールを見る
画像一覧

2017年10月8日 曖昧な斜線の美術館

b0175964_212448.jpg

豊田市美術館と言えば、ポストモダンの建築家・谷口吉生氏の傑作のひとつとして有名な建物です。
直線でデザインされた建物はミニマルな魅力にあふれていますね。

ここを広角系のレンズで撮るときは、絞って撮ることがほとんどなのですが、今回はぼかしてみました。
このレンズ、24mmでもF2と明るいので、つい開けてみたくなったんです。
う~ん、24mmの画角で写った風景がボケるというのは・・・なかなか不思議な雰囲気ですねえ。^^;

愛知県豊田市 豊田市美術館にて
Nikon F3
Ai Nikkor 24mm f/2S
Rollei RPX 25 (EI 25)
Naniwa ND76 (Diluted in 1:1, 8 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この曖昧な斜線の美術館をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by film-gasoline at 2017-10-08 23:08
広角のボケ写真、なんとも不思議な雰囲気ですね!
24mmでこんなにボケるというのは面白いですね^^
これは開けて撮りたくなりますね♪
私もボケ写真フェチなので、こんな雰囲気大好きです(^^)v
Commented by blackfacesheep2 at 2017-10-09 15:03
フィルガソさん、こんにちは。^^
28mmぐらいまでならボケ写真も結構あるんですが、24mmを超えるとなかなか見なくなりますね。
このレンズは絞り開放のF2はやや甘いんですが、そこもま持ち味かと思いますね。^^
Commented by mon21mon at 2017-10-09 20:38
こんにちは。nikkorも、レンズの選択肢が広いですね。
gレンズ以外は、古いボディで大体アプローチできる企業精神が好きです。qentaxも似てますね。一緒52mmフィルターがありましたが、49mmフィルターでかなりのレンズをカバーできるように頑張っていたりなど。
ここまでボケるのは魅力的ですが、自分の腕で常用で使いこなすとなると、28mmまでかなー
Commented by blackfacesheep2 at 2017-10-10 16:12
mon21monさん、こんにちは。^^
そうですね、NikonやPentaxは古いユーザーを大切にしてくれていますね。
Ai Nikkorは今、ミラーレスで使いやすいレンズになりましたね、大口径レンズでもフォーカシングが楽です♪
by noblivion | 2017-10-08 05:00 | Snap Shooting | Comments(4)