Copyright (c) 2009-2018 Noblivion All Rights Reserved
2018年2月6日 直線の中で憩う落葉
b0175964_12193275.jpg

昨年の晩秋に撮った写真です。
地下道の階段の吹き溜まりに落ち葉が溜まっていました。
直線ばかりに囲まれて当惑気味でしたが、木枯らしに吹かれるよりはまし、と思ってたかもしれませんね。^^

愛知県豊田市にて
Rollei 35
Tessar 40mm F3.5
Rollei Retro 400S (EI 400)
Naniwa ND-76 (1:1,16min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この直線の中で憩う落葉をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村r
[PR]
by noblivion | 2018-02-06 05:00 | Lights & Shadows | Comments(4)
Commented by voyagers-x at 2018-02-06 11:54
おはようございます!!
冬というと、木枯らしが吹いて
葉っぱがヒラヒラと地面を這う光景を連想します
都会だと雪が降ると大変ですね
つるつる滑りやすい
階段も怖いですね
このようなスロープが一番危険な感じですね
Commented by blackfacesheep2 at 2018-02-06 15:11
voyagers-xさん、こんにちは。^^
木枯らしは初冬のシンボルみたいなものですね、歩道にはいっぱい落ち葉がたまってますよね、あの季節。
日陰のスロープ、雪の降った後は一番剣呑ですね、滑っている方を時々見かけますよ。
Commented by film-gasoline at 2018-02-06 22:49
なるほど~、木枯らしに吹かれるよりはまし・・・
言われてみればそうですね^^
こういうところに目を付けるのも流石だなぁ・・って感心しちゃいます(^^)v
Commented by blackfacesheep2 at 2018-02-07 15:09
フィルガソさん、こんにちは。^^
最近はあまり遠出をする元気がないので、地元にじた~っと引きこもって写真を撮ってます。^^;
何回も撮っている被写体をどうやって魅力的に見せるか・・・・難しいですよねえ。^^;
<< 2018年2月7日 故障を予感... 2018年2月5日 北風に震え... >>