人気ブログランキング |
ブログトップ

Silver Oblivion

黒顔羊フォトギャラリー、フィルム写真別館です。自家現像白黒フィルム写真を毎日更新しています。


by Nob, a.k.a. Black Face Sheep
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お休みの日のサーカス

b0175964_19400716.jpg




久しぶりにサーカスのテントを見ました。

この日はサーカスもお休みだったようで、とても静かな空気に包まれていました。

お休みの日のサーカスって、なんか猛烈に哀愁を感じてしまいます。

レイ・ブラッドベリの読み過ぎかなあ・・・




名古屋市中区にて
Nikon F3
Ai Nikkor 50mm f/1.8S
Adox Silvermax 100 (EI 100)
Kodak D-76 (1:1, 11 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom


にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村



Commented by hasseleica at 2019-05-19 06:55
木下サーカス...
小学校時代の記憶がフラッシュバックしました。(失礼ですが)まだ見れるんですねw 近くに来れば是非見たいです。
Commented by getteng at 2019-05-19 07:49
noblivionさん
木下サ-カスって懐かしいですね。
子供の頃、見に行くのが楽しみで前夜は寝つきが悪かったのを覚えております。
Commented by marucox0326 at 2019-05-19 18:04
こんにちわ。

ブラッドベリの読み過ぎ・・・・?
以前記事の中で触れられていた「何かが道をやってくる」
のことをおっしゃっているのでしょうか。

私はそちらは未読ですが、ブラッドベリは
いくつか読んでいます。

サーカスかあ・・・・実際には見たことないんです。
なんか怖いような哀しいような・・・・
Commented by NullPointer09 at 2019-05-19 19:18 x
こんにちは。
忽然と来て、忽然と去って行く、非日常的な存在のサーカス。
楽しいだけでなく、何か物悲しい気持ちや特殊な感情を呼び起こしますね。
江戸川乱歩作品にもサーカスが度々登場しますが、こちらはブラッドベリ作品に
見られる雰囲気とは異なるように思います。
年代によっては「サーカス=中原中也」と連想する人が多いかもしれません。
ブラッドベリのほうの原題は「Something wicked this way comes」。
これは「By the pricking of my thumbs, Something wicked this way comes.」
から引用しているようですが、「By the Pricking of My Thumbs」はクリスティ
が引用していますね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-19 21:16
hasseleica さん、こんにちは。^^
私もこんな昔ながらのサーカスのテントを見られるとは思っておらず、驚きました。
考えてみれば、シルク・ド・ソレイユとか、人気のサーカスもありますもんね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-19 21:17
gettengさん、こんにちは。^^
木下サ-カス、名門ですよね。
今はもっとお手軽な娯楽が増えてしまいましたが、かつては貴重なエンターテインメントでした。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-19 21:19
marucoxさん、こんいんちは。^^
ブラッドベリはサーカスやカーニバルみたいなものがよく登場してきますよね。
サーカス、小学生の頃に見たのが最後かなあ、そのあとはもっとお手軽な娯楽が一般的になりました。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-19 21:23
NullPointer09さん、こんにちは。^^
そうそう、「忽然と来て、忽然と去って行く、非日常的な存在」でしたよね、昔のサーカスって。
「サーカス=中原中也」は「ゆあ~んゆよ~んゆやゆよん」ですね。
シェークスピアほど古今東西の作家に引用された作家はいないでしょうね。
Commented by film-gasoline at 2019-05-20 10:34
お休みの日のサーカス、たしかに哀愁を感じますね~
サーカスと聞くと、子供の頃𠮟られた時の「サーカスに売るよ!」という言葉を思い出します^^;
だから、サーカスの人たちはみんな可哀そうな境遇に人たちなんだと思っていました(-_-;)
”木下大サーカス”、とても懐かしい響きです。
お写真、哀愁に満ちておりますね~^^
Commented by toto4543 at 2019-05-20 22:38
サーカスは哀愁がありますよねー。なんででしょね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-21 15:18
フィルガソさん、こんにちは。^^
だはは~、「サーカスに売るよ!」は怖かったですねえ、「橋の下で拾ってきた」って言われるのと同じぐらい怖かったです。
今のサーカス、昔のような哀愁は残っているのでしょうか・・・一度見に行かなくっちゃ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-21 15:19
toto4543さん、こんにちは。^^
そうですね、どうしてサーカスには哀愁があるのでしょう・・・
その非日常性なのかなあ。
by noblivion | 2019-05-19 05:00 | Snap Shooting | Comments(12)