Copyright (c) 2009-2018 Noblivion All Rights Reserved
2009年 07月 26日 ( 1 )
2009年7月26日 腕木式信号機のある駅にて
b0175964_23563980.jpg


b0175964_23565357.jpg


b0175964_2357133.jpg


明智鉄道の岩村駅、1時間に一本ぐらいしか列車が来ない、のどか~な駅です。
この駅には、かつて使用されていた腕木式信号機がまだ残されています。 

腕木式信号機とは、鉄道が誕生したときからずっと使われてきた伝統的な信号機で、ワイヤーによって腕木と呼ばれる木片の角度を変えて、列車の「進行」と「停止」を表現する仕組みです。

明智鉄道開業以来、岩村駅ではずっとこの腕木式信号機が使われていましたが、2004年に信号システムが自動化された際、ようやくその業務を停止したそうです。

この腕木式信号機、実際に動かすことが出来ます。
希望者は、駅員さんにお願いすると、列車の来ない時間帯に、ホーム上のリーバーと呼ばれるテコを操作させてくれるそうです。
そうすると、線路の向こう側にある腕木式信号機の腕木が動くんだそうです。

うーむ、私は鉄ちゃんではないんですが、こういうノスタルジックなものは大好き・・・ちょっとやってみたくなりました。^^

岐阜県恵那市岩村町 明智鉄道 岩村駅にて
Pentax MZ-3
Carl Zeiss Jena Biotar 58mm/F2.0 (w/M42 Adapter)
Fuji Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2009-07-26 00:14 | Japanese Landscapes | Comments(7)